ルパン三世 第14話「エメラルドの秘密」

lupin1401.jpg
物語。ハリウッドの女王と呼ばれるキャサリン(声・増山江威子)が身に着けているエメラルド「ナイルの瞳」を奪うため、キャサリンの結婚披露宴が行われる豪華客船に潜入したルパン。だが披露宴は銭形が警備を固め、更にキャサリンの侍女に化けた不二子もナイルの瞳を狙っていた。ルパンはナイルの瞳を盗み出すが、それは不二子のすり替えた偽物だった。だが不二子もまた偽物を掴まされていた。本物のナイルの瞳を探すため、ルパンと不二子は共同戦線を張る…。

漸く残り10話まで来ました。結構長い^^;ここからシリーズはドタバタ調コメディになります。ストーリーも人物描写も単純なので、レビューもなるべく簡潔に済ませます。
今回の次元と五ヱ門はルパンが中に隠れているウェディングケーキを運搬する役目でワンシーン登場するだけ。五ヱ門は台詞すらないし、事実上お休みです。
舞台は豪華客船上の結婚パーティ。キャサリンのエメラルド「ナイルの瞳」を狙って、ケーキに潜んだルパンと侍女に化けた不二子がそれぞれ別個に潜入。しかしこのキャサリン、なかなかのしたたかな女で、逆に警察やルパンが右往左往する様子を余興として楽しむ趣向だったのですから、不二子のお株を奪う小悪魔振りです。しかも声を当てているのが後の二代目峰不二子の増山江威子さんですから、まさにどっちが不二子だかわかりません。
ちなみに増山さんは前にも書いたようにこの回がOAされる1ヶ月前まで裏番組だった「アンデルセン物語」では、主人公キャンティとして相棒のズッコ=山田康雄さんとコンビを組んでいました。
キャサリンに騙されニセモノを掴まされたルパンと不二子は共闘してホンモノのナイルの瞳を在り処を探索。余人を交えず2人だけで組むのは当然ながらシリーズ初です。変装してニップル伯爵と称したルパンがキャサリンに接近している間に不二子がキャサリンの部屋を捜しますが、見当たらず。そこで不二子がキャサリンから聞き出そうとしますが、言を左右するキャサリンに翻弄される始末。更に銭形も絡んでドタバタ劇が繰り広げられます。ほとほとキャサリンに手を焼いたルパンと不二子はお手上げ寸前になりますが、キャサリンの愛猫ベルが片目を開けたまま寝ているのに気づいたことから、ナイルの瞳の隠し場所に思い当たります。その場所とは…って、最初からバレバレですけどね。
最後は、用意のハンググライダーで軽やかに逃走するルパンと不二子の姿でエンド。でもナイルの瞳はどっちの物になるんでしょうか。ルパンが不二子にあげるのかな。ちなみにこの回のサブタイトルは、予告編では「猫目石はどこへ」と言う、そのものズバリのものだったようです。
この回から不二子の髪型がショートカットと言うかボブカットに変わっています。尤も、次の15話ではまた元のロングヘアに戻っているので、てっきり今回だけの変装用髪型かと思っていましたが、結局、16話以降は最後までボブカット。何も子供路線だからって不二子の髪型まで変える意味はないと思うので、この辺は某監督の個人的趣味だったんでしょうか。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR