忍者狩り

1964年/東映/山内鉄也監督
出演/近衛十四郎、田村高廣、佐藤慶、山城新伍、河原崎長一郎、高森和子、安部徹、天津敏ほか
物語。三代将軍家光の時代、徳川幕府は外様大名の取り潰し策を強化していた。伊予松山の蒲生家では藩主重病により若君への家督相続のお墨付きを得ていたが、老中(安倍徹)は蒲生家取り潰しを画策し、甲賀忍者の闇の蔵人(天津敏)にお墨付き奪還を命じる。蒲生家の家老会沢土佐(田村高廣)はそれに対抗し、和田倉(近衛十四郎)永長(佐藤慶)筧(山城新伍)天野(河原崎長一郎)の4浪人を雇い忍者狩りを命じる…。

後に「水戸黄門」などのテレビ時代劇で活躍した山内鉄也の監督デビュー作。当時は大映の「忍びの者」のヒットなどで忍者ブームが起っていましたが、こちらは逆に忍者から守る方のお話。集団抗争時代劇なので派手なチャンバラのシーンはなく、忍者対お城側の地味な攻防戦が中心です。
城側に雇われた4人の浪人はいずれもかつて幕府に取り潰された外様大名家の元家臣で、特に和田倉は闇の蔵人に深い遺恨を抱いています。従って和田倉の目的は蒲生家やお墨付きを守ることよりも闇の蔵人を討つこと。蒲生家の家来の5人や10人犠牲になろうと物の数ではなく、最後には若君まで囮に使って策を張り巡らせます。一方家老の土佐もお家を守るためなら部下の命はおろか自分の子供を若君の身代わりにして敵の的に立てるのも厭わない非情の男(ちなみに若君役は女の子で、当時5歳の藤山直子、現在の藤山直美です)。
往年の東映お得意の勧善懲悪のカケラもなく、攻める方も守る方もただひたすらに殺し合って行くハードボイルド時代劇。モノクロの画面が効果的です。
近衛十四郎は殺陣の妙技を見せる場面はあまりありませんでしたが、ただひたすら報復に執念を燃やす浪人を貫禄で演じていますし、他の3人、佐藤慶、山城新伍、河原崎長一郎がイマイチ信頼の置けなさそうな胡散臭い面々なのも物語の緊張感を高めます。特に山城新伍などはお茶ら気たところなく渋い演技に徹していたのが印象的だったのですが、ただ最期だけは敵の尼僧の色香に迷っておっぱいにしゃぶりついたところをぐさりと刺されるのが、いかにも山城らしかったです。そのおっぱいを吸われる尼僧を演じたのが、後年に朝の連ドラ「おしん」でおしんをいびる姑役を演じた高森和子だったのはちょっとびっくり。なかなか実態を現さない闇の蔵人を演じた天津敏は「ぐわはははは!」と響く笑い声だけでも迫力と不気味さ満点でした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR