十七人の忍者

1963年/東映/長谷川安人監督
出演/里見浩太郎、近衛十四郎、大友柳太朗、東千代之介、品川隆二、薄田研二、三島ゆり子ほか
物語。次期将軍の座を狙い駿河大納言忠長が謀反を企てていることを知った老中阿部豊後守(薄田研二)は、伊賀忍者の頭領甚伍左(大友柳太朗)に謀反連判状を奪取するように命じる。甚伍左を含む16人の忍者と甚伍左の妹・梢(三島ゆり子)が駿府に旅立つが、駿府側に雇われた根来忍者の才賀孫九郎(近衛十四郎)の手により次々討たれた上、甚伍左も捕らわれてしまう。残った半四郎(里見浩太郎)、文蔵(東千代之介)らは駿府城に潜入し連判状を奪取しようとするが…

「忍者狩り」より1年早い作品。書状を奪おうとする忍者と守る城側の攻防戦であることや、城側の参謀が近衛十四郎であることが「忍者狩り」と似ていますが、視点は忍者側から描かれており、近衛は敵役。
一方の忍者を率いるのは、こちらも大御所の大友柳太朗で、表面上の主役は里見浩太郎ですが、実質的には大友と近衛。両巨頭の頭脳戦が物語のメインです。
忍者の半数はすぐ死んでしまい、頭領の大友まであっさり捕縛されてしまいます。しかしそれも大友の作戦のうちで、自分の後の実働指揮官にわざと一番若輩の里見浩太郎を指名したところまで深慮遠謀を巡らせています。対する近衛十四郎も抜群に頭が切れ腕も立つ男なんですが、雇われ参謀の悲しさゆえ城の重臣や家臣から疎まれ反感を持たれているので、自分一人を頼みとしなければならないところが弱点。
この2人を中心に忍者側と城側との、相手がどう出るか、その裏の裏を読み合う展開が続きます。忍者たちは石垣にへばり付いたり物陰に潜んだり、じりじりと少しずつ城に近づいていく他なく、その間に1人死に2人死に、とうとう全滅寸前に。派手な戦いのシーンは殆どないのですが、最後まで物語の帰趨がわからないので緊迫感が途切れません。
途中まで邪魔に思えたのが、里見と恋仲のくのいち・三島ゆり子の存在。こういう映画に甘い話は要らないんじゃないかと思って見ていたのですが、実はそれ自体が大友の作戦の一部で、近衛のミスリードを誘い最後に痛恨の大エラーを犯させる決め手になっていました。時代劇にありきたりなエピソードと思わせて観る者もミスリードさせる巧妙な脚本でした。
歴史の陰で命を捨てた忍者には勝者も敗者もないと言う一種の虚しさに加え、わずかに救いもある結末の後味も悪くありませんし、あまり知られていない作品ですが、かなりの傑作です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR