金田一耕助の冒険

1979年/角川春樹事務所製作・東映配給/大林宣彦監督
出演/古谷一行、田中邦衛、熊谷美由紀、江木俊夫、仲谷昇、吉田日出子、樹木希林、山本燐一、坂上二郎、三橋達也、三船敏郎ほか
物語。映画にテレビにと大スターになった金田一耕助(古谷一行)だったが、おどろおどろしい殺人事件が起こらぬことに物足りぬ思いを抱いていた。そんなある日謎のローラースケート軍団に拉致された金田一はそのボスのマリア(熊谷美由紀、現・松田美由紀)に横溝正史原作の未完の映画「瞳の中の女」を見せられる。その劇中で金田一耕助(三船敏郎)が解決できなかった事件を解決するよう迫られ、等々力警部(田中邦衛)とともに捜査を始めるが…。

金田一ブームにかこつけて当時のテレビや映画、CMをネタにしたパロディ映画。なので当時のことを知らないと全く面白くないが、知っていても全く面白くありません。
テレビ版の金田一耕助役だった古谷一行が「人が何人も死ぬまで事件を解決できない金田一耕助」を自虐的に演じるほか、東千代之介が「夢じゃ夢じゃ」と萬屋錦之介の真似をしたり、夏八木勲や岡田茉莉子が自身の出演作をセルフパロディしたり、果ては横溝正史本人まで登場して「私はこんな映画にだけは出たくなかった」と言ってみたり。でもどこにも笑えないばかりか、死ぬほど退屈。どうしたらこんなにつまらない映画を撮れるのか不思議だし、これでも面白くしているつもりなのだとしたらとことん笑いとかパロディのセンスがない人なんだろうなあと思うしかありません。たぶんこの映画を面白がれるのは、大林宣彦の狭い感性と共振できるごく限られた人だけなのでしょう。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 横溝正史 三船敏郎 角川映画
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR