透明人間

tomeiningenop.jpg
1954年/東宝/小田基義監督
出演/河津清三郎、三條美紀、高田稔、土屋嘉男、植村謙二郎、藤原釜足、重山規子、近藤圭子ほか
物語。戦争中「透明特攻隊」にされた生き残り2人のうち1人が遺書を残して自殺。世間に透明人間の存在が知れ渡る。やがて透明人間による連続強盗事件が発生。事件を追っていた新聞記者の小松(土屋嘉男)はサンドイッチマンの南条(河津清三郎)が透明人間であることを突き止める。だが強盗事件の真犯人は透明人間を装う偽者の仕業だった…。

透明人間が悪事を働く…のかと思ったら、その逆。この透明人間は善良で、むしろ透明人間の名前を騙って悪事を働くギャングども懲らしめるお話。
戦争中、軍部によって透明人間化されたと言う設定も後の「変身人間」シリーズや「怪奇大作戦」だったら、怨念を抱いて復讐と言う方向に行きそうですが、この透明人間の場合はサンドイッチマンのピエロして生計を立てながらひっそりと生きて来たのでした。
その彼が唯一心を通わせるのは、同じアパートに住む盲目の少女(近藤圭子)のみ。
姿の見えない透明人間が生きるために、姿の目立つピエロの格好をしなければならないと言う皮肉と、目に見えない透明人間が心を許せる相手は、目の見えない人間しかいないと言う皮肉が透明人間の哀しさを際立たせています。
演じる河津清三郎はいつもならギャングのボス役のほうが多いので、善人の役は初めて見ましたが実にいい味を出しています。ピエロのメイクをした表情とおどおどした喋り方に優しさと切なさがにじみ出ています。
透明人間の名前を利用して強盗を働き、更に少女の祖父(藤原釜足)も殺したギャングどもを捕まえるため立ち上がった透明人間は、最後にギャングのボス(高田稔)と相打ちとなって果てます。息絶えようとする透明人間の耳に、少女に約束していたオルゴールの音が微かに聞こえると言うエンディングで、悲しくも美しく幕。
見所は円谷英二の特撮による透明人間の描写。ピエロが白塗りの顔を拭うと透明になっていたり、無人のスクーターが走っていたりする場面に発揮されていますが、見た限りではどういうトリックを使っているのかいまだにわからないほど良く出来ています。
三條美紀の役は透明人間がほのかな恋慕を寄せるキャバレーの歌手と言う設定。この人の若い頃は痩せていて顔が長すぎるので、ちょっと馬面っぽいですが美人は美人です。ちなみに三條の娘は女優の紀比呂子ですが、全然似てないですね。紀比呂子はぽっちゃりした丸顔でしたから。
ダンサー役の重山規子が縛られて吊り下げられて鞭でしばかれるシーンは、この手のスリラー・アクション物にお約束のお色気サービスシーン。本職のダンサーだけあって、脚線美とスタイルの良さは現代でも通用しそう。
ギャングの子分を演じた植村謙二郎は三條美紀と同じ大映出身で、三條は東映、植村は日活に移籍したはずですが、その前に二人揃って東宝に出ていた時期もあったとは知りませんでした。
tomeiningen01.jpg
tomeiningen02.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR