フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

1966年/東宝/本多猪四郎監督
出演/佐原健二、水野久美、ラス・タンブリン、中村伸郎、田崎潤、田島義文、伊藤久哉、桐野洋、山本廉ほか
物語。海から人型の巨大生物(ガイラ)が現れ船の乗り組員を襲う。人間を食らうこの巨大生物はかつてスチュワート博士(ラス・タンブリン)の研究所で飼育されていたフランケンシュタインと考えられたが、所員のアケミ(水野久美)は、フランケンシュタインはおとなしくて人間に害を与えないはずだと否定する。やがて上陸した巨大生物を、自衛隊のレーザー光線攻撃が追い詰め遂に倒したかに思われた時、もう一匹の巨大人型生物(サンダ)が助けに現れる…。

「フランケンシュタイン対地底怪獣」(1965年)の姉妹編。でも"正統な続編"ではないらしく、前作とは設定が違っています。しかし一部は引き継いでいるし出演者も被っているので紛らわしい。いずれにしろ、同じ細胞が分裂して生まれた二匹のフランケンシュタインの怪獣、サンダとガイラが戦うお話です。
これは小さい頃に一度テレビで見て以来再見する気の起きなかった映画で、怖いと言うより気持ち悪いのが主な理由。フランケンシュタインの申し子なので所謂怪獣ではなく怪物と言ったほうが良く、雪男をもっと醜悪にしたような造形がとにかく不気味。特に"海の怪獣"ガイラのほうは性質も凶暴で、人間を食らうシーンがあります。と言っても直接的な描写はありませんが、今まで怪獣にはなかったことなので、さぞ当時としてはショッキングだったことなのでしょう。
対する"山の怪獣"サンダはもともと人間世界で育っただけあって温厚と言うのか温和な性質。自分の分身である弟分のガイラが乱暴狼藉(と言うレベルではないが)を働くことに甚く心(?)を痛めており、その暴走を止めようとして結果的に格闘することとなります。
とは言え人間から見たらどっちも暴れ者であることに変わりなく、サンダだけは助けたいと思っている水野久美の思いは無視して自衛隊司令官の田崎潤は攻撃を命令。顔は怖いがゴジラのように火を噴くわけでもないので、いつもは役立たずのことが多い東宝自衛隊も今回はメーサー殺獣光線車なる兵器がかなり効果を発揮します。
最後は、取っ組み合いながら外海へ出た二匹を、突如噴火した海底火山の火柱が飲み込み、サンダもガイラも行方不明のままで終わり。ご都合主義的な結末であることは否めませんが、かと言ってどっちか(この場合サンダか)が勝つと言う結末でもその後始末に困るわけだし、この場合には無難な終わり方でしょう。
日米合作と言うことなので米国俳優ラス・タンブリンが博士役で出演。尤も声は睦五郎による吹き替えなので台詞回しのニュアンスとかはわかりませんが、見た限りあんまりやる気のなさそうなのが伝わって、感興を削ぎます。水野久美の役はサンダを幼少期から養育した言わば母性を持った女性と言う設定なのでしょうけど、どうしてもこの人には「マタンゴ」「怪獣大戦争」のクールで妖艶なイメージが強いせいか、本気でサンダを擁護してんのかどうだか疑わしく思えちゃうのが欠点と言えば欠点です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR