尻啖え孫市

magoichiop.jpg
1969年/大映/三隅研次監督
出演/中村錦之助、栗原小巻、勝新太郎、中村賀津雄、本郷功次郎、志村喬、梓英子、南美川洋子、ほか
物語。紀州鉄砲隊の才賀孫市(中村錦之助)は京で見初めた女を捜すため岐阜城下にやって来た。だが孫市はその女の足を見ただけで顔を知らない。孫市を味方につけるため織田信長(勝新太郎)は木下藤吉郎(中村賀津雄)に命じ、かの(南美川洋子)と言うニセ者の娘をデッチあげる。孫市は藤吉郎と友情を結ぶが、騙されていたのがわかり信長と手を切る。やがて堺に鉄砲の買い付けに出かけた孫市は、ついにその美しい足の女、小みち(栗原小巻)と出会う…。

東映を辞めた中村錦之助の大映初出演作。勝新、本郷も出ていますがメインは中村兄弟と栗原小巻の外様勢なので、何やら他団体に占拠された全日本プロレスのリングを見ているような感覚。
内容も全体の三分の二近くが足の美しい姫を巡って孫市と藤吉郎の交友に費やされ、後半漸くその女が本願寺の僧侶、信照(本郷功次郎)の妹と判り本願寺軍に加わった孫市と信長軍との戦いが始まったと思ったらほんのさわりだけで終わってしまうので、まるで前編のみで終わりのような消化不良。
見る前は錦之助と勝新の役が逆じゃないかと思いましたが、錦之助は豪放磊落な孫市でなかなか良かったです。ただ衣装がズボンなのはいただけない。破れ傘刀舟じゃないんだから。
錦之助と賀津雄は並んでいる時は似てないんだけど、単独の場面になると一瞬どっちなのかわからなくなる。2人の演技合戦は見応えあるし、セットや美術は素晴しく、スケール感もある。末期の大映でもこれだけのものを作れたのは大したもの。ただ題材が歴史スペクタル物だと演出に三隅研次監督らしさは薄いです。
栗原小巻はまだふっくらしていて可愛いです。吉永小百合と二分するアイドル的人気があったのもうなずけます。藤吉郎の妻ねねを演じた梓英子はピンク映画出身で後に清純派になったと言う変わった経歴の女優さんで、オデコに特徴があります。
magoichi0101.jpg
magoichi0102.jpg
magoichi0103.jpg
magoichi0104.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR