三匹の侍

1964年/さむらいプロ・松竹/五社英雄監督
出演/丹波哲郎、平幹二郎、長門勇、桑野みゆき、香山美子、木村俊恵、三原葉子、石黒達也、青木義朗ほか
物語。代官(石黒達也)の圧政に苦しめられている村で、甚兵衛(藤原釜足)ら三人の百姓が代官の娘亜矢(桑野みゆき)を人質にして水車小屋に立て篭っていた。そこへ偶然通りかかった浪人の柴左近(丹波哲郎)は成り行きで百姓たちに加勢。代官は桔梗鋭之介(平幹二朗)や桜京十郎(長門勇)らの浪人を水車小屋へ差し向けるが、百姓出身の桜は寝返って百姓側につく。当初は傍観していた桔梗もやがて柴に加勢するが…。

人気テレビシリーズの劇場版で、テレビ版の演出もした五社英雄の監督デビュー作。直情型の丹波、ニヒルな平、お人良しの長門と言う三浪人の個性が際立っており、見たことは無いがテレビシリーズを毎週このクオリティでやっていたのだとしたらさぞ面白かったんだろうと思わせます。ただ映画はこれ1本としたらいささか描写不足。強訴を試みる百姓に丹波たち三人の侍が加担するという内容ですが、中盤からは完全に侍対代官に焦点が移ってしまい、強訴まで追い詰められた百姓の苦衷などは殆ど描かれない。侍が命がけで強訴状を守ったのに肝心の百姓はもう誰も立ち上がらないと言う結末は苦いが、それも途中で代官と侍同士の約束などと称して丹波が勝手に騒動を収めてしまったせいなのだから、話がちぐはぐ。専ら三人の侍の活躍を見せることが主眼で百姓はその出汁に過ぎないので、器は「七人の侍」だが中身は「用心棒」と言う感じのお話です。
丹波リンは体を張った熱演。若い頃(と言っても40過ぎだが)は実にエネルギッシュ。長門勇の見かけはいも侍だが凄腕の槍の名人も魅力的で、丹波が先導して長門が膨らませていると言う感じで話が展開するの対して、平はキャラクターが目立つだけで活躍は少ない。女優陣は桑野みゆきが光っているが、三原葉子と木村俊恵はただ侍の引き立て役に過ぎないのでイマイチ。後年の五社監督が大好きだった、女同士のつかみ合いシーンがこの映画でも既に描かれています。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 松竹
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR