ルパン三世 念力珍作戦

rupinop.jpg
1974年/国際放映製作・東宝配給/坪島孝監督
出演/目黒祐樹(ルパン三世)、田中邦衛(次元大介)、江崎英子(峰不二子)、伊東四朗(銭形警部)、人見明、江幡高志、藤村有弘、安西マリア、天本英世、前川清ほか
物語。ルパン三世は囚人護送車で連行中の美女・峰不二子に一目惚れして刑務所から助け出した。だが奪った宝石を不二子に横取りされてしまう。その後殺し屋に狙われ続けて疲れたルパンは、自ら警察に出向いて刑務所で休息することに。一方、暗黒街のボスが盗み出した古代の土偶を不二子は横取りしようとするが、逆に捕われてしまった。不二子の危機の知ったルパンは、早速脱獄して救出に向かうが…。

なんと、アニメ版「ルパン三世」の新シリーズ(「峰不二子という女」)が始まりました。かねがね、深夜枠で大人向けに特化したルパンをやればいいのに思っていたのですが、まさかほんとうにやるとは。
初回を見た限りではやや期待はずれ。個人的にはああ言う駆け出しの小娘然とした不二子に全然興味が持てません。でも近年のテレビSPよりは面白そうなので、「ルパンvs複製人間」あたりのテイストが好きな人だったら受け入れられるでしょう。

たまたまアニメの新シリーズがあったので割り込んでしまいましたが、今回の本来のお題は1974年の実写版。
アニメ第1シリーズが大コケし再放送でまだ人気に火が付いていなかった時期なので直接の関係はないでしょう。ルパン三世が国民的人気者になった後でも実写版はキワモノ扱いで見向きもされず、テレビで日曜日の午後に1回放送されたぐらいだったと思います。しかし何はともあれ栄えある最初の、そして今のところ唯一の「ルパン三世役者」の称号を手にしたのが目黒祐樹であると事実は消えません。
所詮誰が演じても実写に違和感は拭えないので割り切って見るしかないのですが、その限りではバタ臭い顔立ちで軽くてキザな目黒祐樹はいい線行っています。原作ともアニメとも違うお坊ちゃん的な遊び人、気ままな自由人に設定したのも正解で、独自のルパン像を確立しています。
江崎英子の不二子はありふれた"水商売顔"なのが昔はイマイチに感じていましたが、今はかえってこの手のタイプが少ないせいか結構色っぽいし、薄情そうなところもOK。
田中邦衛は喋ると青大将になってしまいますが、黙っている分には渋くて十分次元に見えます。早撃ち0.3秒の使い手であることもちゃんと描写されていますが、ただルパンの相棒ではなく世話焼きのおじさんみたいな設定が残念。
伊東四朗の銭形はミスキャスト。ちょっとふざけすぎ。でもここまで徹底していると清々しいかも。
とまあ、キャスティングは案外悪くないんですが、脚本と演出がぐだぐだで面白くないのが致命的。ただひたすら小ネタのくだらないギャグだけを並べただけなので、何やら4コマのコント漫画を連続して読まされているような感覚でうんざり。同じコメディでやるにしても、せめてもう少し一貫したストーリーが欲しかったです。全体のノリも一時代前の東宝喜劇のようなぬるい雰囲気だし、やりようによっちゃもっと面白くなった素材だったのにもったいないです。

rupin01.jpg
rupin03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR