柳生一族の陰謀 第23話「宮本武蔵の首を取れ!」

yagyuichizokuop.jpg
1979年3月6日放送/関西テレビ・東映制作/フジテレビ系放送
出演/千葉真一、山村聰、目黒祐樹、矢吹二郎、中尾ミエ、工藤堅太郎、藤岡重慶、宮口二郎、天知茂、ほか
物語。肥後細川藩内で抗争があり、柳生但馬(山村聰)は次男の左門(目黒祐樹)を熊本に派遣する。但馬は細川藩客分の宮本武蔵(天知茂)の動きを危ぶんでいた。やがて左門の後を追って十兵衛(千葉真一)も熊本に赴く。細川藩では抜け荷に手を染めようとする家老・鹿子木監物(溝田繁)が対立する大目付・林外記(工藤堅太郎)の暗殺を計画し、その企てには家老派の武蔵も加担しているらしい…。

同名映画版の大ヒットを受けて制作されたテレビシリーズ版。ただし映画版と内容が被るのは1~3話までで、それ以降はテレビオリジナルのストーリーを展開。映画版は萬屋錦之介扮する但馬守の「夢じゃ夢じゃ」で終わっていましたが、それじゃ話が繋がらないのでテレビ版は当然の如くそこはカットになっているほか、映画版では途中で斬られてしまう成田三樹夫の烏丸少将も健在で、シリーズを通して徳川政権打倒に暗躍します。

第23話には天知茂演じる宮本武蔵が登場。
冒頭、いきなり大目付派の刺客を斬り捨てる天知武蔵。どうやら武蔵は家老派らしいのですが、しかし善玉は大目付の方で、家老は悪玉。その後も武蔵は家老の悪事を見て見ぬ振りをするような様子だったりして、どうも挙動不審です。まさか武蔵が悪玉のはずない、と思いつつ一抹の不安も。
結局、武蔵は身を捨てて細川藩を守ろうとした大人物であったことが最後まで見ればわかる…いや、最初から明らかなのですが、実は大悪人で最後は十兵衛に斬られちゃうトンデモ話だったらどうしようと期待、じゃなくて心配してしまったのは、ひとつには「魔界転生」の例があったから。もうひとつは、限りなく天知先生が怪し過ぎるからで、またそう思わせるのが狙いのキャスティングでもあったろうと思われます。
天知先生は、こと左様に武蔵が善人か悪人か、敵か味方かよくわからないと思わせる立ち位置のキャラクターなので、目立った活躍の場面ありません。終盤、漸く十兵衛と一騎打ちがありますが、これは武蔵が決死の覚悟であることをわからせるためのシーンなので当然ながらすぐ終わり。更にその後、悪家老派との大立ち回りのシーンでも愛弟子の宮口二郎さんを斬っただけで、何故かその後はほぼ仁王立ちしたままで殆ど参加せず。何にもしないほうが大物らしくていいかもしれませんが、折角特別出演したゲストなんだからもう少し見せ場も作って欲しかったです。
映画版で十兵衛の弟・左門役は千葉ちゃんの実弟の矢吹二朗(千葉治郎)でしたが、テレビ版では目黒祐樹が演じ、矢吹二朗は十兵衛の股肱の臣・根来のフチカリ役に。更に映画でもうひとりの弟・又十郎役だった工藤堅太郎が今回はゲストで別の役だったりして、両方見ていると頭がこんがらがって来るのでした。
yagyuichizoku2301.jpg
yagyuichizoku2302.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 天知茂 千葉真一 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR