柳生武芸帳シリーズ

柳生武芸帳
1961年/ニュー東映/井沢雅彦監督
出演/近衛十四郎、里見浩太郎、山城新伍、品川隆二、花園ひろみ、堺駿二、立原博、和崎俊哉、ほか
物語。柳生武芸帳の浮舟の巻を持つ竜造寺家の遺児・夕姫(伊吹友木子)と家臣の神矢悠之丞(山城新伍)を疋田陰流の山田浮月斎(原健策)や霧の多三郎(品川隆二)が襲う。浮月斎らの背後には、柳生失脚を狙う大老土井大炊守(阿部九州男)がいた。やがて武芸帳は偶然、若年寄永井信濃守(里見浩太郎)の妹、清姫(花園ひろみ)の手に入る。武芸帳を探索に来ていた柳生但馬守(北龍二)の長男・十兵衛(近衛十四郎)は清姫と知り合い相宿になるが…

近衛十四郎主演の「柳生武芸帳」シリーズ(原作五味康祐)の1作目。
1957年の東宝版(三船敏郎主演)に次ぐ映画化ですが、中身はだいぶ違います。東宝版は武芸帳を奪おうとする忍者側(三船)が主役で柳生は敵役だったのに、こちらは柳生が主役で当然善玉。作風もシリアス物ではなく、明朗時代劇のノリ。清姫と相宿になった十兵衛があたふたとしたり、その清姫が見合い相手と知って驚いたり。素浪人シリーズのコミカルな近衛十四郎を髣髴させます。

柳生武芸帳 夜ざくら秘剣
1961年/ニュー東映/井沢雅彦監督
出演/近衛十四郎、里見浩太郎、山城新伍、品川隆二、花園ひろみ、堺駿二、北龍二、和崎隆太郎、ほか
物語。柳生の里から柳生武芸帳の浮舟の巻が霞の多三郎(品川隆二)によって奪い去られた。その黒幕は柳生家と老中松平伊豆守(徳大寺伸)、若年寄永井信濃守(里見浩太郎)らの失脚を狙う大老土井大炊守(阿部九州男)だった。更に大炊守は将軍家光(山城新伍)に働きかけ、即刻武芸帳二巻を将軍に差し出すよう但馬守(北龍二)に迫る。但馬守は武芸帳を乱心した十兵衛(近衛十四郎)が持ち去ったことにして時を稼ぎ、その間に大炊守の陰謀を打ち砕こうとするが…。

「柳生武芸帳」の続編。キャスティングは山城新伍が家光役に変わっている以外は殆ど同じだし、内容もまた武芸帳を巡る争奪戦。そんなに大事なものなら、盗まれないよう厳重に保管しておけって言いたくなるんですが、それを言ったら話になりません。しかし前作で既に武芸帳の秘密は明らかになっているし、幾重にも思惑が絡み合っていた前作と違って単純に勧善懲悪物なのであんまり面白くないです。ただコミカル度は減って近衛十四郎の殺陣は前作より充実しています。

柳生一番勝負 無頼の谷
1961年/東映/松村昌治監督
出演/近衛十四郎、里見浩太郎、山城新伍、久保菜穂子、中里阿津子、立原博、徳大寺伸、富田仲次郎、ほか
物語。柳生十兵衛(近衛十四郎)は旅の途中で弟子の秋月隼人正(徳大寺伸)を訪ねた。しかし隼人正は病床にあり、秋月の庄は狼谷の大田黒刑部(富田仲次郎)一族が蹂躙していた。隼人正の弟・又七郎(里見浩太郎)は剣を捨て、話し合いによる平和的解決を望んでいたが、大田黒の背後には郷士の所領を直轄にしようとする藩の陰謀があった…

これは武芸帳シリーズではなく、オリジナルストーリーの番外編らしいですが、前2作より格段に面白い。
西部劇、というより日活渡り鳥シリーズの時代劇版のような感じ。最後は100人ぐらいの相手を殆ど1人で斬ってしまった近衛十四郎の大立ち回りがすごい。
里見浩太郎は青臭い理想論を振り回す若者。山城新伍は粗暴で直情的な若者。前作までと違って等身大の役柄なので2人の魅力も出ていました。

柳生武芸帳 独眼一刀流
1962年/東映/松村昌治監督
出演/近衛十四郎、松方弘樹、宇佐美淳也、品川隆二、宮園純子、佐藤慶、山形勲、東千代之介、ほか

これは1、2作目のリメイクなので内容は殆ど同じ。1年前の作品をもうリメイクする感覚ってのがよくわからんのですが、大量生産時代のプログラムピクチャーなんて、そんなもんでしょうか。製作がニュー東映から東映本家に戻っているので、出演者はグレードアップ。おなじみの里見浩太郎や山城新伍ら二線級の若手が消えて東千代之介、安井昌二ら名のある俳優さんがいます。 見所は近衛・松方親子の共演。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 松方弘樹 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR