真田幸村の謀略

1979年/東映/中島貞夫監督
出演/松方弘樹、萬屋錦之介、あおい輝彦、片岡千恵蔵、高峰三枝子、真田広之、寺田農、秋野暢子 ほか
物語。関ヶ原の戦いに勝って天下を掌握した徳川家康(萬屋錦之介)は大坂の淀君(高峰三枝子)・秀頼(小倉一郎)母子の討伐を画策し、その前に邪魔な真田昌幸(片岡千恵蔵)、加藤清正(丹波哲郎)を暗殺。父昌幸の遺志を継いだ真田幸村(松方弘樹)は猿飛佐助(あおい輝彦)ら草の者を組織し、家康の首を狙う…。

「柳生一族の陰謀」「赤穂城断絶」に続く東映の時代劇大作シリーズ第3弾。
「猿飛佐助が宇宙人だった」と言うトンデモ設定の作品、と紹介されることが多いけれど、そのイメージほどには奇想天外でもないです。
「佐助が宇宙人」設定は、ラストで妖星に乗って飛び去って行くからそうだったのかと思わせるだけで、それまでの物語上には全く生かされていない。すごい超能力を戦いに発揮するわけではなく、かと言ってクールに人間の生業を傍観していると言うわけでもなく、キャラクターが中途半端。ぶっ飛んだ設定の割りに、意外と物語は史実通りに展開し、真田幸村ならぬ徳川家康の謀略によって豊臣家はあっさり滅亡。その間に幸村のやったことは、大坂の陣の前に一度家康を襲うも、あえなく失敗。しかも幸村が左眼を射られて意味もなく隻眼になるおまけつき。大坂の陣では、有名な真田丸の攻防で敵の酒に麻薬を混ぜて幻覚症状を起させると言うセコイ戦法で勝利。わざわざ集めた十勇士は殆ど活躍しないのがもったいない。クライマックスでは史実と異なり家康の首を刎ねますが、後の祭り。家康の言う通り、既に徳川政権が磐石になってから今更家康を殺したところで無意味なのだから、この映画の幸村は一体何をしたかった人なのか、さっぱりわかりません。松方もミスキャストで、どうせ"柳生十兵衛状態"になるなら千葉ちゃんが演じたほうがよっぽどエネルギッシュな幸村になったのに。
気の毒なのは家康を演じた萬屋錦之介。老けメイクで目の下に隈を作ってド悪な家康を演じていますが、こんな映画でも時代劇復興に繋がると思って汚れ役を引き受けたんだろうけど、折角の演技プランも漫画チックな演出の中で全く目立たず台無し。あたら名優を持ち腐れさせる無駄に豪華なキャストだけが、まだ邦画のパワーが残っていた70年代末期らしさを感じさせます。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 松方弘樹 東映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR