弥太郎笠

1957年/大映/森一生監督
出演/市川雷蔵、木暮実千代、浦路洋子、矢島ひろ子、夏目俊二、柳永二郎、清水元、石黒達也、伊達三郎、他
物語。旗本の家柄に生れながら武士を嫌ってやくざになった弥太郎(市川雷蔵)。上州松井田の親分虎太郎(清水元)の家を訪れるが、虎太郎はやくざを辞めてつむぎ織工場の主になっていた。進められるまま足を止め虎太郎の娘・お雪(浦路洋子)とも親しくなるが、堅気の家に旅烏が何時までもい続けは出来ないと、また草鞋を履く。だが弥太郎が去った後、工場を狙う神楽大八(柳永二郎)に虎太郎は殺され、お雪も妾にされそうになる。旅先でそれを聞きつけた弥太郎はお雪を救うために戻って来る…

白塗りの雷蔵が活躍する明朗時代劇。内容は他愛もない話なので途中いささか退屈。雷蔵さんの二枚目振りだけが見所のスター映画です。
弥太郎に惚れて付いて来る女いかさま師役に木暮実千代。「新・平家物語」じゃ雷蔵さんの母親役でした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR