第三の影武者

1963年/大映/井上梅次監督
出演/市川雷蔵、高千穂ひづる、万里昌代、天知茂、金子信雄、小林勝彦、浜田雄史、角梨枝子ほか
物語。飛騨の貧乏郷士、二宮杏之助(市川雷蔵)は三谷城主池本安高(雷蔵二役)の影武者として召抱えられる。厳しい訓練の結果、近習も見分けが付かないほどになるが、合戦で安高が左眼を失うと杏之助も左眼を潰される。更に同盟を結んでいた広瀬宗城(島田竜三)の裏切りで城が陥ち、杏之助は左腕を失った安高を連れて婚姻の三木家へ落ち延びる。だが安高を助ければ自分も左手を斬られると思った杏之助は途中で安高を殺害し、そのまま安高になりすます…。

戦国武将の影武者となった男がたどった数奇な運命を描いた作品。
黒澤明監督の「影武者」はむしろ影武者を立てて組織を守る側の難しさを描いた映画でしたが、こちらは文字通り影武者その人が主役のお話。ちなみに「第三の」と言うのは他にもう2人いるから。
最初はおどおどしていた杏之助が次第に安高になりっきってふてぶてしく変貌していく様子が描かれ、雷蔵さんは杏之助と安高、安高の影武者としての杏之助、安高死後のニセ安高になった杏之助の4パターンを演じ分けねばならない難しい役柄を好演しています。
天知茂は三木家の参謀・定光役。前半は1シーンしか登場せず、まさかこれだけじゃないだろうと思ったら後半大活躍で、監督が井上梅次だけに明智小五郎張りの鋭い眼力と洞察力で杏之助の正体を土壇場で見抜きます。最後は発狂した杏之助を座敷牢に押し込めて定光がお家乗っ取り。天知VS雷蔵の対決作は剣の戦いではいずれも雷蔵さんが勝っているので(主役だから当然ですが)、唯一これだけが頭(悪知恵?)の戦いにて天知先生が勝利を収めている作品。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR