雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

宇宙快速船

1961年/ニュー東映/太田浩児監督
出演/千葉真一、松本克平、水上竜子、小宮光江、山本哲平、江原真二郎、亀石征一郎、神田隆、ほか
物語。健一(山本哲平)たち少年は原っぱに着陸した宇宙船から出現した宇宙人に襲われるが、そこへ宇宙快速船に乗った謎のスーパーヒーロー、アイアン・シャープが現れ救われる。宇宙人はシグマ電波で地球上に混乱をもたらし地球侵略を狙う。宇宙科学研究所の谷川博士(松本克平)と助手の立花(千葉真一)は健一たちが拾ってきた宇宙船の破片を分析し、宇宙人が海王星からやって来たことを知る…

特撮シーン、特に宇宙人の円盤に東京が大爆撃されるシーンはよく出来ており、白黒で粗が隠れていることを差し引いても同時期の東宝特撮と比較して遜色ありません。一方、アイアン・シャープのコスチュームはかなりお粗末に見えますが、同時代の他の特撮ヒーロー物と比べて格別このアイアン・シャープだけが劣っているというわけじゃないし、宇宙人のデザインがダサいのも、しょうがないでしょう。半世紀前の子供向け映画を現在の大人視点で批評してバカにするのは野暮天の極み。ただ敵の宇宙人の動作が極めて鈍いため、アイアン・シャープこと千葉ちゃんのアクションに見栄えがしないのが残念だし素顔でのアクションシーンが全くないのも、もったいないです。既に純愛物でスターになっていた江原真二郎が大して活躍しない脇役で出ているのがちょっと意外。
スポンサーサイト


関連タグ: 千葉真一 東映

FC2Ad