雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

御用牙 かみそり半蔵地獄責め

1973年/勝プロ製作/東宝配給/増村保造監督
出演/勝新太郎、黒沢年男、佐藤慶、西村晃、小松方正、岸田森、草野大悟、蟹江敬三、稲野和子、ほか
物語。半蔵(勝新太郎)はこそ泥の自白から水車小屋で女の死体を発見する。女は堕胎後に死亡したらしい。身元を調べた結果、駿河屋の娘お町と判明。お町が尼寺の海山寺にお茶を習いに通っていたことを知った半蔵は寺に潜り込む。そこでは良家の娘を売買してみだらな行為が行われていた。半蔵は住職の如海尼(相川圭子)を拉致して得意の拷問にかけ、勘定奉行の大久保(小松方正)が絡んでいることを自白させる…

御用牙シリーズの2作目。1作目に比べると日活ポルノの女優さんを起用しているのでエロ度はアップ。尼寺で繰り広げられる SMショーではムーミンパパの高木均が褌一丁で変態オヤジを熱演。その尼寺に乗り込んだ半蔵が例によって住職の尼さんを曲芸まがいにレイプ。お話は勘定奉行の悪事を暴く中に金座を襲う極悪非道な盗賊・佐藤慶との対決エピソードも入れ込んであり一粒で二度おいしい内容。ハードボイルドな娯楽時代劇としてまずまずの出来。


関連タグ: 勝新太郎 東宝

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。