元大統領危機一髪 プレジデント・クライシス

1996年/アメリカ/ピーター・シーガル監督
出演/ジャック・レモン、ジェームズ・ガーナー、ダン・エイクロイド、ジョン・ハード、ブラッドリー・ウィットフォード、ローレン・バコール ほか
物語。共和党の元大統領クレイマー(ジャック・レモン)と民主党の前大統領ダグラス(ジェームス・ガーナー)は長年の宿敵関係。或る日クレイマーは在任中の汚職の濡れ衣を着せられ、その罪を暴こうとしたダグラスも消されそうになる。事件が現大統領ヘイニー(ダン・エイクロイド)の陰謀と知ったクレマーとダグラスは、大統領側に追われ国中を逃げ回るハメに。犬猿の仲の二人の珍道中が始まった…

これは日本未公開ですが自分は飛行機の機内上映で見たことがあります。尤も途中で寝てしまい、あまり覚えていなかったりもするので、もう一度見たいと思っていました。
内容は、無実の罪で追われるハメになった元大統領二人のロード・ムービー。性格から何から全て正反対の二人が喧嘩しながらアメリカ中を逃げ回りつつ、現大統領の策略を暴こうとするポリティカル・コメディ。現職の大統領ではなく元大統領が主人公と言うところが興味深いです。
日本とは制度も違いますが、日本の首相は退陣後も権力にしがみ付いて院政や長老政治を敷こうとするのに対して、アメリカの大統領は現職を退くと同時に過去の人。回顧録を書いたり企業の広告塔になったりして金と名誉には恵まれるものの、かつて世界の超大国のトップだったにしては何となく寂しい存在になってしまうんですね。ただ、全国民の選挙で選ばれた大統領だっただけに、退任して4年や8年経った程度では誰も忘れていないし、党派を超えてそれなりに尊敬もされている。この映画でも、逃げ回る元大統領二人とひょっこり出会った人々が、すぐ元大統領だとわかってびっくりするシーンが度々あります。日本だったら1年か1年半でくるくると交代する元首相は数年経ったら顔と名前が一致しなくなるケースが多いし、バカにされこそすれ尊敬されることなんざ殆どないでしょう。
お話はコミカルな中にも移民、失業、同性愛などアメリカが抱えるシビアな政治問題を織り交ぜ、現実を初めて知った元大統領二人がしゅんとなるシーンがあったり、現大統領と対決すべくホワイトハウスに乗り込んだ二人の前に大どんでん返しが待っていたり、スリリングに展開。笑いながらアメリカの政治や大統領制について学べるし、芸達者なジャック・レモン、ジェームズ・ガーナーに加えてクレイマー夫人役でローレン・バコールが出ていたりで豪華な顔ぶれ。なかなか楽しめる映画です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR