レッド・サン

1971年/フランス・イタリア・スペイン共同制作/テレンス・ヤング監督
出演/チャールズ・ブロンソン、三船敏郎、アラン・ドロン、ウルスラ・アンドレス、キャプシーヌほか
物語。1870年、日米修好の任務を帯びた日本国全権大使一行が同乗した列車がリンク(ブロンソン)とゴーシュ(ドロン)の強盗団一味に襲わる。ゴーシュは日本の帝から大統領に献上する黄金の太刀を奪った上、リンクを裏切って強奪した金品を持ち逃げ。宝刀奪還を命じられた黒田重兵衛(三船敏郎)はリンクと手を組み、ゴーシュの行方を追う。当初は反発しあっていた二人だが、旅を続けるうちに不思議な友情が芽生える…。

三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロンと言う、日米仏の三大国際スターが豪華共演した夢のような作品。尤も、その割りに評価や知名度がイマイチのようなんですね。特に「七人の侍」のミフネと「荒野の七人」のブロンソンが共演する西部劇なんて、もっとウケてもよさそうなのに。
三大スターと言ってもドロンは敵役の脇役。専ら三船&ブロンソンのロード・ムービーに終始し、まあそれ自体は決してつまらなくはないんですけどイマイチ単調で、期待に反して盛り上がりに欠ける面もあります。でも三船さんは悪くないです。昔の映画にありがちな、日本のサムライが妙竹林に描かれたところはあまりなく(これは三船さんが厳しくチェックしたからでしょう)、やはり三船さんはどこへ行ってもあの豪快で逞しい三船さんで、ブロンソン、ドロンと伍して堂々と渡り合い、まさに世界のミフネの貫禄十分。旅の途中で娼婦屋に泊まった三船&ブロンソン。三船さんは娼婦をストイックに拒むのかと思いきや、ニタリと笑って招き入れるなど、日本映画での三船さんのキャラクターだったらあり得ないようなシチュエーションが見れるのもご愛嬌。最後に後ろからドロンに斬りかかった三船さんが逆に撃たれて白目を剥いて死んでしまう結末だけはちょっと納得できない気もしますが、そこは西部劇と言うことで我慢しましょう。
ちなみにこれは子供の頃にテレビで見た時は吹替え版でしたが、三船さんの声は誰か別人が(今調べたら川合伸旺さんだったらしいのですが)日本語に吹き替ていました。今回は字幕(英語)版を見ましたが、オリジナルでは三船さん本人が英語で台詞をしゃべっていました。ところがドロンの英語は吹き替えなんですね。口の動きは台詞と合っているけど声はドロンじゃありません。と言うことは三船さんより英語が下手だったんでしょうか。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR