刑事コロンボ 愛情の計算

1974年/米ユニヴァーサル/1974年8月31日NHK放送
物語。シンクタンク所長のケイヒル(ホセ・ファーラー/声・鈴木瑞穂)は息子ニール(ロバート・ウォーカー/声・原田大二郎)の盗作を暴こうとしたニコルソン教授(リュー・エヤーズ/真木恭介)を車で轢き殺し居間に運び入れて強盗の仕業に見せかける。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)は現場の不自然な状況からケイヒルに疑いの目を向けるが、犯行時間には研究所のコンピュータ室で戦術シュミレーションを指揮していたアリバイがあった…シリーズ23作目。

これはシリーズ1、2を争う珍作。犯人がアリバイ工作に使ったのは、なんとロボット。すなわち犯行の間、ロボットにシュミレーションを指揮させていたのですが… 21世紀の現在でもそのような人間の代行をするロボットはいまだ完成していないし、しかもそのロボットと言うのがテレビシリーズ「宇宙家族ロビンソン」に出てくる「フライデー」そっくりな古典的タイプ。アリバイ崩しの本格ミステリーにSFを持ち込んじゃいけません。
百歩譲ってそこには目を瞑ったとしても、ストーリーそのものがかなり杜撰。
犯人は被害者をひき殺した後、死体を邸内に運び入れて強盗に殴り殺されたよう見せかけるわけですが、轢殺と撲殺の違いなんてすぐバレるに決まっているわけで、計画がお粗末。一方でコロンボの推理も微妙。犯人が死体を担ぎ込んだ時ドアに付いた被害者の靴跡の位置から、犯人は背の高い人間だと断言するのですが、よく考えると抱きかかえたかもしれないし背負ったかもしれないのに、靴跡の位置だけで決め付けるなんて根拠がなさ杉。
まあ、それにも目を瞑ったとしても、結末がひどい。コロンボは息子ニールをわざと無実の罪で逮捕して犯人の自白を引き出すと言う強引なもので、何のひねりもありません。本来ここは折角ロボットを出したんだから、コロンボもそのロボットを使った逆トリックで犯人をはめるのでなければ、つまらないでしょう。多分、コンピュータの冷徹な計算も肉親の愛情には勝てなかった、と言う皮肉でオチをつけたかったんでしょう(邦題もそこから来てるんでしょう)が、ストレート杉ます。
ケイヒル役のホセ・ファーラーは「アラビアのロレンス」でロレンスを拷問する男色のトルコ軍将校役ぐらいしか知らないのですが、実はアカデミー主演男優賞を受賞した名優。吹替えの鈴木瑞穂さんは大好きな俳優さんの一人で、その重厚な声と風貌で正義派の弁護士から軍人・政治家まで善悪問わず演じて70~80年代の大作映画では欠かせませんでした。
ファザコン息子ニール役のロバート・ウォーカーはヒッチコックの「見知らぬ乗客」で犯人を演じた同名俳優の息子で、顔が父親そっくり。その声を原田大二郎さんがあてているのは今からするとなんか不思議な感じもしますが、もともとデビュー当時は屈折した繊細な青年役とかが多かったみたいです。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR