雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘

1966年/東宝/福田純監督
出演/宝田明、水野久美、砂塚秀夫、当銀長太郎、天本英世、平田昭彦、田崎潤、ペアバンビほか
物語。行方不明になった漁師の兄(伊吹徹)を捜す良太(渡辺徹、アノ渡辺徹とは同名異人)、大学生の仁田(砂塚秀夫)と市野(当銀長太郎)、そして金庫破りの吉村(宝田明)の4人がひょんなことからヨットで漂流してたどり着いた島は秘密結社「赤イ竹」の核兵器製造工場だった。海には怪獣エビラがいて脱出は不可能。そのエビラが嫌う黄色い汁を製造するためインファント島の住人が拉致されて強制労働させれられていた。吉村ら4人とインファント島の娘ダヨ(水野久美)は「赤イ竹」に追われて洞窟に逃げ込むと、中にはゴジラが眠っていた。吉村らはゴジラを目覚めさせて暴れさせて、その混乱に乗じて脱出を図ろうとする…。

これは多分初めて見たかも。タイトルと異なり、三怪獣の三つ巴戦はありません。
話は吉村らの脱出劇がメインで、ゴジラは人間ドラマにあまり絡んでくることもなくただ暴れているだけの存在。怪獣同士のバトルもゴジラとエビラの迫力のない戦い、あと意味不明な大コンドルがゴジラにあっけなくやられる程度で、モスラは最後にほんのちょい登場するだけ。もともとゴジラではなくキングコングが登場するはずだったそうなんですけど、仮に予定通りキングコング映画だったとしてもあまり面白くなかったでしょうね。いつもは善玉の田崎潤や平田昭彦が悪役だったり、水野久美が可憐な娘役だったり、チョイ役クラスの当銀長太郎が珍しく善玉準主役なのが興味を惹く程度。昭和ゴジラ映画としては「ゴジラ対メガロ」と並ぶ駄作でしょう。


関連タグ: ゴジラ 東宝

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。