雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

午後の曳航

1976年/アメリカ・日本/ルイス・ジョン・カリーノ監督
出演/サラ・マイルズ、クリス・クリストファーソン、ジョナサン・カーン、アール・ローデス、ほか
物語。イギリスの小さな港町。未亡人の母アン(サラ・マイルズ)と暮らす13歳のジョナサン(ジョナサン・カーン)は「首領」と呼ばれる少年(アール・ローデス)を中心に秘密のグループを作り大人たちに支配された醜悪な世界の破壊を目指していた。或る日ジムは逞しい海の男、航海士のジム・キャメロン(クリス・クリストファーソン)と出会い「英雄」として見て憧れる。だがやがてジムが母と結婚して他の堕落した大人たちと同じになろうとしているのを知って幻滅。仲間とともにジムを誘い出して処刑する…

三島由紀夫の原作小説を翻案した外国映画で、舞台は原作の横浜をイギリスの小さな港町に変えています。原作は大昔読んだので細部は忘れてしまいましたが、ストーリーは概ね同じのようです。でも上っ面を撫でただけで、中身はまあ別物のようですね。まず少年たちが幼稚で、すぐ喧嘩をしたり感情的になったり、いかにも子供なのが減点。ここは、見かけは子供でも常に冷徹かつシニカルに世界を考察しているのでないと意味がないでしょう。それと原作以上にやたら主人公の母子密着度が強すぎるので、単にマザコン少年が母親を奪った愛人を憎悪しているつまらない話にしか見えません。ジムが地味で、こんなもっさりした男のどこに英雄の面影を見出してあこがれたのかさっぱりわからないので、尚更です。なんかテーマを取り違えているんじゃないでしょうか。。良かった点は重厚な海と空の色、格式のある港の佇まい。この雰囲気は日本が舞台だったら出せなかったでしょう。あと首領役の子供は美少年で印象的だったのですが、調べてもこれ以外では特に活躍していないようです。


関連タグ: 三島由紀夫

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。