雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

浮かれ三度笠

1959年/大映/田中徳三監督
出演/市川雷蔵、本郷功次郎、中村玉緒、左幸子、宇治みさ子、かしまし娘、伊沢一郎、小堀阿吉雄 ほか
物語。将軍吉宗(伊沢一郎)は尾張宗春(小堀阿吉雄)を懐柔するため、甥の与一郎と宗春の息女菊姫(中村玉緒)を縁組みさせようとした。その頃、偶然に宗春謀反の連判状を手に入れた江戸の菊姫は、父を諌めようと腰元の渚(宇治みさ子)とともに出奔し尾張に向かい、更に与一郎まで姿を消す。菊姫を捜し出すよう命じられた楠見兵馬(本郷功次郎)は、途中で与三郎と名乗る旅がらす(市川雷蔵)と知り合い道連れになる…濡れ髪シリーズの3作目。

タイトルは「浮かれ」ですがこれも濡れ髪シリーズの第3作。例によって内容上の繋がりはありませんが前作に続き雷蔵&本郷&玉緒のトリオが出演。
今回は雷蔵さんが旅がらすの与三郎こと実は若殿の与一郎で、本郷さんは真面目で女が苦手な若侍役。役柄のバランスは前作より安定しています。
この二人、そして身分を隠して旅する菊姫と渚、女やくざで実は女隠密のお吉(左幸子)、更に与一郎探索を命じられた隠密の黒手組とふくろう組一党が偶然宿で一緒になってしまい、それぞれ身分と目的を秘す彼等が珍妙なやり取りを繰り返すのが前半のお話。
台詞の中に当時流行したギャグなんかがちりばめてあるようなんですが、今見ると何が何だかよくわかりません。反骨の女優で知られた左幸子さんもこういう他愛もない娯楽映画に陽気な役で出ていたことがあるんですね。
終盤は謀反を企てる宗春を死を賭して諌めようとする菊姫、与三郎を庇って死ぬお吉の愁嘆場などがあり、ややシリアスな展開を見せます。最後は、騒動が無事落着した後で嫌々与一郎と見合いすることになった菊姫が、与一郎が実は与三郎だったと知り驚くハッピーエンドの結末。
玉緒ちゃんはシリーズ1作目では脇役でしたが2作目は準ヒロイン、そしてこの3作目ではついにヒロインへと3段出世。宇治みさ子さんは次郎長シリーズの法印大五郎役で知られた名脇役田中春男さんの娘で、この方も昨年亡くなりました。


関連タグ: 市川雷蔵 大映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。