宇宙怪獣ガメラ

uchukaijugameraop.jpg
1980年/大映/湯浅憲明監督
出演/マッハ文朱、小島八重子、小松蓉子、前田晃一、工藤啓子、高田敏江、桂小益 ほか
物語。宇宙海賊ザノン星人(声・小林修)の宇宙船が地球を侵略に向かっていた。地球平和のためM88星から来ていたキララ(マッハ文朱)、マーシャ(小島八重子)、ミータン(小松蓉子)は地球の危機を予感する。そんな時、圭一(前田晃一)の飼っていた亀がガメラに変身し、ザノン星人の操る怪獣たちと戦う…ガメラシリーズの8作目

1971年に倒産した大映は74年に徳間傘下で再建され映画製作を再開。そしていよいよ満を持してかつてのドル箱ガメラシリーズを復活!… と言えば聞こえは良いですが、新作とは名ばかりで実際は特撮の大部分を過去作から流用した低予算映画。登場順にギャオス、ジグラ、バイラス、ジャイガー、ギロン、バルゴンと言う6大怪獣がガメラと闘うのですが、そのシーンは悉く旧作の使い回しなので、新怪獣は当然出て来きません。9年も経っているから旧作を使い回しても子供はわからんだろうと判断したのでしょうか(当時はビデオもないし)。
ドラマ部分は大半が新撮ですが、流用の特撮とは絡めることができないため、主演のマッハ文朱始め3人の正義の宇宙人は、何にもしない、と言うよりできない設定。彼女等は非武装の宇宙人であるため、ガメラと怪獣たちの戦いをただ傍観するだけに終始しています。だったら何しに地球に来たのかと思うのですが、その穴埋めのつもりか、地球人から宇宙人の姿への変身ポーズを披露。しかしスーパーマンのような珍妙なタイツ姿でセクシーさは微塵もないので、これを何度も繰り返し見せられるのはつらいものがあります。
「亀つながり」で「こち亀」の両さんそっくりのお巡りさん(桂小益)が出てきたり、脈絡なく宇宙戦艦ヤマトと銀河鉄道999がアニメとの合成でガメラとすれ違ったりもするのですが、かといって別にパロディになっているわけでもなく、一体どういう趣旨の映画なのかよくわかりません。子供のガメラへのシンパシーと言う旧作以来のポリシーだけは一貫しているところに湯浅監督の良心は感じましたが、いずれにしても、当時これを正規の料金を支払って映画館に見に行った人がいることは奇跡です。
uchukaijugamera0101.jpg
uchukaijugamera0102.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: ガメラ 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR