女子学園 悪い遊び

1970年/日活/江崎実生監督
出演/夏純子、後藤ルミ、江守徹、松原智恵子、岡崎二朗、宮城千賀子、小松方正、藤竜也 ほか
物語。白薔薇学園中等部ではスケバンの花子(後藤ルミ)たちが集めた学園祭の資金を、教師が持ち逃げしてホステスと駆け落ち。そんな折、クールな辺見涼子(夏純子)が転校して来る。涼子が気に入らない花子は勝負を挑み、どっちが早く担任の塚田(江守徹)を誘惑できるか賭けをする…

約30年前に深夜のテレビ放送で見て以来の再見。内容は殆ど忘れていたので、舞台はてっきり高校だと思っていたら中学だったのでびっくり。この頃の青春物は役柄より実年齢が上の俳優さんが演じるのが普通だったと言え、それにしても当時21歳の夏純子や後藤ルミが中学生役って無理があり過ぎ。ちなみにこれはダイニチの配給で併映は大映の「おさな妻」だったのですが、こちらにはモノホン15歳の関根恵子が主演。
内容は単なるズベ公物かと思いきや意外とまとも?な学園青春物で、花子と涼子のキャットファイトだとか、花子のパンツをひん剥いてみたらまだ毛が生えてなかったとか、エロ目当ての観客が喜びそうな小ネタも散りばめつつ、縦軸は無責任な大人(教師)たちへの反抗や涼子の塚田への純愛を描いています。ただ個々のエピソードがいかにも寄せ集めと言う感じで散漫だし涼子の性格も描写不足なので全体としては要領得ません。最後は涼子が学校を辞めた塚田について行くのかと思いきや代りにやって来たカッコイイ新任の教師を見て踏み止まり、しかもその教師役が藤竜也と言うオチが笑えます。
今では文学座のお偉いさんの江守徹(当時26歳)が若い頃こんな映画に出ていたと言うのもレアなんですけど、それ以上に驚くのが吉永小百合と並ぶ日活の清純派スターだった松原智恵子が不良どもに暴行されそうになる教師役でパンチラまでしていたと言うことで、当時の邦画界の没落振りをひしひし実感するのでした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 日活
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR