必殺仕掛人(映画版)

必殺仕掛人
1973年/松竹/渡邊祐介監督
出演/田宮二郎、高橋幸治、山村聰、津坂匡章、野際陽子、川地民夫、室田日出男、森次晃嗣、三津田健 ほか
物語。裏家業で殺し屋をしている鍼医者の藤枝梅安(田宮二郎)は、元締めの音羽屋(山村聰)から香具師の平十の後妻・お吉(野際陽子)殺しを依頼される。お吉は代貸しの孫八(川地民夫)と組んで密かに平十に毒を盛って殺し、更に一人息子の為吉(森次晃嗣)も殺して縄張りを乗っ取るつもりだった。梅安は知らなかったが、実はお吉は幼い頃に生き別れた妹だった・・・

人気テレビシリーズの映画化。今では当たり前に行れていますが、斜陽化した当時の映画界にとっては苦肉の策だったのでしょう。ただテレビ版そのままのキャスティングは潔しとしなかったのか、梅安役が緒形拳から田宮二郎に、西村左内役も林与一から高橋幸治に変っています。ファンは不満かもしれませんが、私個人はテレビ版に思い入れはないし田宮さん高橋さんのファンでもあるので問題なし。
原作は知りませんが、梅安の「妹殺し」のエピソードはテレビ版にもありましたね。うろ覚えですがテレビ版の梅安は実の妹と知って殺すんだったと思いますが、この映画では最後まではっきりとは知らないまま。どっちの結末がいいかは好みの問題ですが、映画では余韻の残る描き方がニヒルでダンディな田宮さんのキャラクターに合っていたと思います。
田宮さんはこの時代の映画スターには珍しく殆ど時代劇に出なかった人なので、若手時代のチョイ役除くとこれと「宮本武蔵」しかありません。そう言う意味でも貴重な1本。
高橋さんはテレビ版の林与一さんに比べ無骨、それでいて庶民的で結構明るいキャラクターの左内。クールな高橋さんに慣れているせいか最初はちょっと違和感持ちましたが、見ているうちにだんだん落ち着いてきました。
ちなみに田宮さんと高橋さん、そして田宮さんと山村聰さんの共演は意外にもこれ1本だけのようですね
森次さんは「必殺仕置人」で善人と見せかけて実は大悪人と言う役があったので、この映画も最初どっちだか分らず見ていましたが結局あっさり殺されてしまいました。

必殺仕掛人 梅安蟻地獄
1973年/松竹/渡邊祐介監督
出演/緒形拳、林与一、山村聰、津坂匡章、佐藤慶、小池朝雄、松尾嘉代、津田京子、ひろみどり ほか
物語。梅安(緒形拳)は浪人の小杉十五郎(林与一)から医師・宗伯(小池朝雄)と間違れて襲われる。数日後、梅安は音羽屋(山村聰)から蝋燭問屋の伊豆屋長兵衛(佐藤慶)殺しを頼まれる。伊豆屋は紀州家の侍であったが家老のために藩主を秘かに毒殺。以後、侍を捨てた伊豆屋は家老から金を強請っていたのだった。伊豆屋を尾行した梅安は小杉と再会。宗伯は伊豆屋の実弟だった。小杉は薄幸な女郎お仲(津田京子)の母を犯し自殺に追いやった宗伯を狙っていたのだった・・・。

映画版の第二作。キャスティングはテレビ版と同じ緒形拳と林与一になっています。個人的には田宮&高橋でもう少し見たかった気もしますが、まあ見ていて落ち着くのはやはりこのコンビか。ただし林与一はテレビ版とは役柄が違うので少しややこしい。
お話はテレビシリーズの時間枠を拡大した程度の内容なので、映画版だからと言ってあまりスペシャルな感じはしません。ターゲットは伊豆屋と宗伯だけだし、二人とも仕掛けに手間取るほどの難敵とも思えないのに展開がダラダラし杉。ただ佐藤慶&小池朝雄演じる極悪兄弟の怪演は見所です。

必殺仕掛人 春雪仕掛針
1974年/松竹/貞永方久監督
出演/緒形拳、林与一、岩下志麻、山村聰、夏八木勲、竜崎勝、村井国夫、地井武男、高橋長英、花澤徳衛 ほか
物語。江戸でお千代(岩下志麻)を女首領とする盗賊団による無残な押込み強盗殺人が相次いだ。お千代を親代りとして育てた小兵衛(花澤徳衛)は、子分の勝四郎(夏八木勲)、三上(竜崎勝)、定六(地井武男)を殺せばお千代が立ち直ると考え、音羽屋(山村聰)に仕掛けを依頼する。音羽屋の命を受けた梅安は、千代が昔自分が捨てた女であることを知る…。

映画版の第三作にして最終作には松竹看板女優のお志麻さんが登場。と言うことは、かなり制作に力を入れたのかもしれませんが、個人的には血も涙もない悪女役のお志麻さんはあんまり好きじゃありません。尤も私が物心ついた頃からもうこう言う感じだったですけどね^^;ちなみに緒形拳さんとは後年「鬼畜」でまた共演します。
「花の15期」と呼ばれた俳優座同期生の夏八木勲、竜崎勝、村井国夫、地井武男、高橋長英、小野武彦らが勢揃いで一挙出演(ちなみに今回は何故か出ていないけどテレビ版レギュラーの津坂匡章(現・秋野大作)も同期生)。確か当時、同期の仲間が共同で事務所だか俳優クラブだか運営していたと思うのでたぶんその関係で受けた仕事なんだろうけど、それにしてもこれだけの面子が一同に会した作品は珍しいのでは。先頃亡くなった夏八木さん、若くして亡くなった竜崎さん、いずれも当時は 30代前半ですけど既に貫禄と凄みがあります。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎 松竹
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR