ハレンチ学園

1970年/日東プロ・ピロ企画製作/日活配給/丹野雄二監督
出演/宍戸錠、藤村俊二、小松方正、由利徹、上田吉二郎、左ト全、うつみみどり、大泉滉、なべおさみ、三遊亭歌奴、石井均、小桜京子、小松政夫、武智豊子、十朱久雄、ミッキー安川、雷門ケン坊、児島みゆき ほか
物語。ハレンチ学園の卒業式は教師も生徒もやる気なし。教育委員(三遊亭歌奴、現三遊亭円歌)が視察に来て慌る学園側に付け込んだ在校生の山岸(雷門ケン坊)や十兵衛(児島みゆき)はオール5を勝ち取る。反撃に出た教師たちが男子生徒を檻に閉じ込め、女子生徒を下着姿にして授業を行い学園は大混乱。新任教師の西尾みどり(うつみみどり)もスカートめくりの洗礼を受ける。やがて修学旅行の日がやって来るが、果たしてハレンチ学園の行く末は・・・。

映画には普遍的価値を持つものと時代風俗の資料にしかならないものの二通りあると思いますが、これは明らかに後者の方でしょう。原作は挑発的な性描写と学校教育をコキ下ろす内容がPTAの猛反発を呼び社会問題をも巻き起こした永井豪の同名漫画ですが、今となっては何がどう問題だったのかよく分からないし、当時就学前だった私の記憶にもありません。尤もスカートめくりしたことはありますが^^;
社会背景の解説は他所を参照するとして、ここでは単純に映画の感想だけ述べると、まずヒゲゴジラ(藤村俊二)、丸ゴシ(小松方正)、パラソル(由利徹)などと言った奇妙奇天烈な格好をした教師たちはおそらく原作通りの描写なんでしょうが、読んでいない私には何のことやら分らず(ヒゲゴジラぐらいは分りますが)、のっけから彼等が繰り出すお寒いギャグとドタバタの数々に頭が痛くなり、このペースに慣れるまで少し時間を要しました。
中盤は女子生徒を下着姿にしてのセクハラ授業と一世を風靡したスカートめくりの大宴会が繰り広げられますが、下着姿と言っても実際はビキニと言うかセパレートの水着姿だし、スカートの下に履いているのもパンツではなくブルマのようなものなので、ブルマ好き以外にはやや期待外れの内容。このあたりは批判に配慮した自主規制だったのかもしれませんが、ただ一瞬だけノーパンの児島みゆきのヒップラインが見えるサービスカットがあります。
後半は盗んだバスで予約もしていないホテルに押しかけ有名学校の名を騙って泊まり、ただ喰いただ飲み、そして野球拳の乱痴気騒ぎ。最後はまた学園に戻ってエンドレスな教師と生徒のバトルが繰り広げられます。
漫画原作の実写化にありがちですが、短い時間の中で漫画の世界の雰囲気を凝縮して再現しようとするあまり、やたら詰め込み過ぎてまとまりがなくつまらないものにしてしまう傾向がこの映画にも見られるようです。しかしこの程度の出来でもウケけてシリーズ化されたのだから驚き。ちなみに併映作は「女番長 野良猫ロック」。
出演者は豪華。何気に「ゲバゲバ90分」とメンバーが被っているのは何か関係があるのか。雷門ケン坊はアニメ時代劇「サスケ」の主人公サスケ役の声で有名ですが、この映画では既に声変わりしていますね。ホテルの浴場で一瞬映るのは映画の監修をした教育評論家のカバゴンこと阿部進。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 日活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR