雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

宇宙猿人ゴリ 第5話

第5話「恐怖の公害人間!!」
gori0501.jpg
ゴリは動物園のゴリラを改造してラー2号を製造。
gori0502.jpg
更にラーを巨大化して暴れさせスペクトルマンの注意を引き付けます。
gori0503.jpg
その間にゴリはたけし少年親子を秘かに恐怖公害人間に変えてしまいます。 彼らの吐く息にかかった人間は公害伝染病となり、やがて死んでしまうのです。
gori0504.jpg
そうとは知らぬたけし親子は御用聞きの青年に公害伝染病を感染させます。
gori0505.jpg
3人をこのままにしておけば地球上に公害伝染病が蔓延して人類は滅亡する…。
ネヴィラ71は譲二(成川哲夫)に「人類を救うためにあの親子を殺せ!」と非情の命令を下します。
さあ、スペクトルマン!どうする!?

大局的な見地から地球全体を救うために多少の犠牲はやむを得ないとするネヴィラ71。それはそれで正しい判断ですが、かと言って現場の当事者である譲二=スペクトルマンには目の前の人間を誰一人犠牲にできません。そのジレンマに立たされたところで次回へ続きます。
話を前後編で進めるために前半で意味のない巨大ラーとの対決がいささか冗漫ではあるものの、ドラマ性の高いハードな展開となっています。

関連タグ: 宇宙猿人ゴリ スペクトルマン

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

FC2Ad