ハレンチ学園 身体検査の巻

1970年/日活製作/ダイニチ配給/丹野雄二監督
出演/宍戸錠、高松しげお、藤村有弘、左ト全、林家こん平、大泉滉、なべおさみ、石井均、近藤宏、真理アンヌ、宮川和子、伊藤るり子、小桜京子、月亭可朝、千葉裕、児島みゆき ほか
物語。ヒゲゴジラ(高松しげお)や丸ゴシ(近藤宏)たち教師は男子生徒を追い出し十兵衛(児島みゆき)ら女子徒のみ身体検査をしようとするが、山岸(千葉裕)らの機転で難を逃れる。パリのハレンチ学園本部からシスター(真理アンヌ、宮川和子)が視察にやって来ることが分かり、教師たちは臨海学校を開くことを条件に生徒を丸め込んで協力させ補助金を手に入れる。だがマカロニ(宍戸錠)は生徒たちを始末した上、学園を売り飛ばそうと企んでいた・・・シリーズ2作目。

宍戸錠や児島みゆきなど一部を除き主要キャストが1作目と大幅に変わり、前作に比べるとやや格落ちの顔ぶれ。
内容はタイトルの身体検査の話はほんの最初だけで、あとは前作同様、ヒゲゴジラの家庭訪問や女子対男子のキックボクシングやパリ本部から来たシスターの視察など細切れのドタバタエピソードが続き、最後は前作が修学旅行だったのに対し今回は臨海学校で生徒と教師のバトルが繰り広げられて終ります。
お色気度は前作よりアップし女子生徒のブラ姿が長い時間見られるほかイメージシーンですがおっぱいが一瞬映ります。
宍戸錠が二役で「石原裕次郎にぶん殴られ小林旭に蹴っ飛ばされていた10年前の殺し屋のジョー」を演じマカロニと早射ち対決、しかもパチもんのマカロニの方が勝ってしまうと言う自虐的なセルフパロディを演じているのは、古い日活との決別を象徴していたのでしょうか。しかし全体の中で見るべきところはこのシーンぐらいしかなく、やはりギャグ漫画の実写化は難しいと感じさせるのでした。
悪役やコワモテの刑事役の多い近藤宏のコミカルな演技は初めて見ました。月亭可朝が若い(まだヒゲがない)
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 日活
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR