雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

藤圭子と『おろち』

歌手の藤圭子さんが亡くなったそうです。マスコミは自殺と伝えています。

藤圭子さん、飛び降り自殺か…死亡を確認
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130822-OYT1T00575.htm

いったい何があったんでしょうか…。
ともあれ、お悔やみを申し上げます。

藤圭子さんと言えば若い人には「宇多田ヒカルの母親」と言ったほうが分りやすいでしょう。
でも私なんかは未だに「『藤圭子の娘』が宇多田ヒカル」と思ってしまうし、藤圭子さん本人については、いつも能面のような無表情で歌っていた30年以上前のイメージで止まっています。
そしてもうひとつ、楳図かずおの恐怖漫画『おろち』の主人公おろちです。
fujikeiko.jpgorochi.jpg
長い髪、無表情、美少女、…。
子供の頃コミックスで『おろち』を読んだ時、即座に「藤圭子だ!」と思いました。
尤もその頃の藤さんは、美少女と言うには少しトウが経っていたんですけど、イメージはピッタリでした。
しかも最終章「血」では、「百年に一度の眠り」に就いてしまったおろちの意識が「おろちそっくりの少女」に憑依するのですが、その少女の職業が「流しの演歌歌手」で、名前も「圭子」ならぬ「佳子」。
これはどう考えたって「おろち(の容姿)のモデルは藤圭子」でしょう。
或いは最初は偶然だったのかもしれませんが、少なくとも終盤は作者自身も意識して描いていたとしか思えないですね。
なので「もし『おろち』を実写ドラマ化するなら藤圭子で…」なんて妄想していたものです。

実は「おろち=藤圭子」と思っていたのは私だけでなく、雑誌連載当時から読者の間では評判になっていたそうです。それどころか、藤圭子自身が芸能雑誌でおろちに扮した写真を撮影して掲載していた、と言う情報すらあります。

「『平凡』の9月号で、藤圭子が、今度はおろちのかっこうで登場する。右手の包帯もちゃんとまいて、おろちそっくりだよ」(『少年サンデー』1970年8月9日号)
http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/~hangyo/hobby/white/orochi/oro_sun.htm

つまり藤圭子自身の側では、自分がおろちに似ていることを十分認識していたわけです。

後に宇多田ヒカルがデビューした時、「母親に似てないから、おろち役は無理だな」と私自身の勝手な「妄想」キャスティングから外し、何年か前に実際に『おろち』が実写化された時も「やはり昔の藤圭子でなければ・・・」とダメ出ししていました。尤も仮に藤さんで実現していたとしても、それはそれで「違うな~」と思ったかもしれませんけどね。


関連タグ:

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。