007は二度死ぬ

007op.jpg

1967年/イギリス/ルイス・ギルバート監督
出演/ショーン・コネリー、丹波哲郎、若林映子、浜美枝、ドナルド・プレザンス、バーナード・リー ほか
物語。アメリカとソ連の宇宙船が謎の飛行物体に捉えられるという事件が起こり、米ソは互いに非難し合い一触即発の状態になる。イギリスの情報機関MI6は宇宙船が日本周辺から飛び立っているという情報をつかみジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)を日本に派遣。日本の公安のトップ・タイガー田中(丹波哲郎)の協力を得て敵の秘密基地に潜入する・・・

日本を舞台に撮影された007シリーズの第5作。
日本に上陸したボンドがまず向かった先は、何故かまだ人力車が走っている銀座。その路地裏を入ると何故か当時の蔵前国技館の支度部屋で、何故か横綱佐田の山(本人)からチケットを受け取り相撲観戦(ちなみに支度部屋の奥にいるのは横綱大鵬。ボンドをけげんそうに見上げているのは柏戸。土俵上の取組は琴桜-富士錦戦)
アキ(若林映子)と接触したボンドは専用の秘密地下鉄(実は丸の内線)でタイガー田中の自宅に案内され、何故か下着姿の美女による入浴とマッサージのサービス。
姫路城が何故か忍者の基地になっており、そこで空手の特訓を受けたボンドは日本人に変装し(全然変装になっていないが)、何故かキッシー鈴木(浜美枝)と偽装結婚して敵の秘密基地に潜入。
・・・と言うわけで、相撲、ゲイシャ、風呂、忍者、空手、etc、欧米人がイメージする典型的なエキゾチック・ニッポンのアイテムがストーリーの中に強引に組み込まれて登場します。大昔テレビで最初に見た時は、日本の奇妙な描かれ方に子供心にも腹が立ったものですが、ファンタジーと思えば今はそれなりに楽しめます。建設費が3億円という火山内の秘密基地セットもいまどきのCGにはないド迫力。
丹波哲郎、若林映子、浜美枝ら日本人俳優は大活躍。丹波さんは英語の台詞が別人に吹き替えられてしまっているのであの低音の渋い声を聞けないのが残念ですが、どんな映画でもあの貫禄は変らないし、日本代表としてコネリーに引けとらない堂々の風格。若林&浜のダブルボンドガールもキュートでセクシー。ちなみにボンドと格闘する用心棒がピーター・メイビア(WWEのレスラー、ザ・ロックの祖父)港でボンドを襲う敵の1人に元笑点の座布団運び松崎真。
0070101.jpg
0070102.jpg
0070103.jpg
0070104.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR