雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

殺人拳・2

1973年/東映/ 小沢茂弘監督
出演/千葉真一、市地洋子、島直樹、石橋雅史、田中浩、山城新伍、クロード・ギャニオン、鈴木正文 ほか
物語。龍虎殿主の太田黒(田中浩)はアジア青少年武術センター建設の名目で金を集め、その裏でマフィアと結託していた。太田黒の怪しい動きにを光らせていた正武館館長の政岡(鈴木正文)は、弟子の山上巡査部長(島直樹)を通じて大田黒の悪事の証拠掴む。剣琢磨(千葉真一)に太田黒から政岡抹殺の依頼が舞い込む…殺人拳シリーズの2作目。

これは酷い。シリーズ物は1作目より2作目は出来が落ちるのが常ですが、それにしてもここまで駄作と言うのも珍しい。
まず1作目であれほど狂っていた千葉ちゃんのキャラクターがかなりトーンダウンし、鬼畜非道な振る舞いは抑え目。前回のように金玉引き千切ったりするようなエグイ殺し技はありませんし、画像にあるように折角飛び出した目ん玉もピンポン玉じゃただのお笑いです。
しかも今回は依頼された殺しのターゲットが唯一の理解者だからと言う理由で断るなど、ずいぶん人間的になりました。助手に女の子なんか使ってるのもズッコケますね。
出演者も華がなく、前作にも出ていた石橋雅史除くと言っちゃ悪いが雑魚ばかり。悪の親玉役が「わんぱくでもいい@丸大ハム」の田中浩と貧相なヒゲ面の外国人(カナダの映画監督だそうな)では凄みに欠けるし、色っぽい女優さんも出ていません。
政岡役の鈴木正文は俳優ではなくプロの空手家で、風采はずんぐりむっくりの冴えないおっさん。この人も前作にも出ていましたが、前作は単に千葉ちゃん相手の試合シーンが中心だったので、求められたのは武道家としての役割でした。しかし今回は物語の中心に関わるため俳優として演技する部分が大きく、ド素人丸出しの台詞棒読みシーンが延々続きます。だったら何もプロの俳優使えばいいわけで、迫力を出すために本物の武道家を使うのはこの種の作品に良くあることですが、撮っているのはドキュメンタリーじゃなくフィクションだと言うことわきまえないと娯楽作品として致命的につまらなくなってしまいます。


関連タグ: 千葉真一 東映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。