華麗なる追跡

1975年/東映/鈴木則文監督
出演/志穂美悦子、マッハ文珠、田中久子、円山理映子、沼田曜一、石橋雅史、天津敏、山本昌平、由利徹、渡辺文雄、郷鍈治 ほか
物語。レーサーの矢代忍(志穂美悦子)は麻薬密輸の罪を着せられて殺された父(浜田寅彦)の冤罪を晴らすためTESO(東南アジア特別調査機関)に所属していた。忍は父が入っていた刑務所の元看守だったヘンリー中谷(山本昌平)を追っていたが、中谷は尾野沢(石橋雅史)と本屋敷(沼田曜一)の手下に殺害された。尾野沢と本屋敷は忍の父殺した仲間であり、現在は国会議員の猪俣(天津敏)の懐刀となっていた…

タイトルからして、てっきりルパン三世みたいなお洒落なコメディアクションかと思っていました。スキャットに乗って始まるイントロシーンではレーサーの悦っちゃんが颯爽とサーキットで優勝し、カメラ目線で微笑みかけるし。でもこれは東宝じゃなくて東映映画です。従ってそんな甘い話を期待するのが間違ってます。
一応途中まではコメディアクションっぽいノリもあります。悦ちゃんが変装テクニックで「ある時はさすらいの女ギャンブラー、ある時はダンディな青年紳士、またある時はお茶汲みの老婆、更には黒衣の修道女、そして白髪のせむし女」に七色の変身を見せ、当時現役女子プロレスラーだったマッハ文珠なんかとも共闘。尤も変装は多羅尾伴内張りだし、マッハ文珠もちょっとドン臭いのでお世辞にも「華麗」とは言い難いのですが。
しかし中盤は一気にエログロモード全開。悦っちゃんの仲間の姉妹が敵に捕縛され、妹は兄の目の前で熊の着ぐるみ姿の敵のボス天津敏に陵辱されます。その後で兄は殺されて逆さ吊りにされ、妹も西洋の甲冑に裸で閉じ込められた上に惨殺。更に悦ちゃんの高校時代のバレーボール仲間はシャブ漬けされ、奴隷として飼育された挙句に目玉に針を刺されて殺されるという、はっきり言って吐き気催すような残酷な展開が生々しく続きます。
後半は敵のアジトに乗り込んだ悦っちゃんが天津敏、石橋雅史と採石場で仮面ライダー張りの安っぽいアクション。悦っちゃんにライダーキックで倒された石橋雅史が爆死するところもまるでショッカーの怪人です。クライマックスで悦っちゃんがロープウェイにぶら下がった決死のスタントアクションはそれなりにハラハラしますが、最後まで華麗さの欠片もないまま終了。結局いつもながら悪趣味が定番の70年代東映B級映画。普段は狂人モードの多い郷鍈治が今回は正義の人という意外な役柄が少し楽しめる程度です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR