0課の女 赤い手錠

0kanoonnnaop.jpg
1974年/東映/野田幸男監督
出演/杉本美樹、丹波哲郎、郷鍈治、三原葉子、荒木一郎、遠藤征慈、小原秀明、菅原直行、戸浦六宏、岸ひろみ、室田日出男 ほか
物語。刑務所を出たばかりの仲原(郷鍈治)とその仲間達(荒木一郎、遠藤征慈、小原秀明、菅原直行)は海岸でアベックを襲い、男を殺して娘を強姦。更に娘が次期総理大臣候補・南雲(丹波哲郎)の娘・杏子(岸ひろみ)と知った仲原は身代金三千万円を要求する。友人エミー殺しの犯人を殺した罪で留置所に入れられていた0課の女刑事・零(杉本美樹)は杏子を無事連れ戻すことを条件に釈放され…。

池玲子と東映ポルノの人気を二分した杉本美樹の主演代表作。今でも根強いファンがいるそうなんですけど、テレビ時代劇「長崎犯科帳」のレギュラーお文役でしか知らなかった私には、映画ではいつも裸にひん剥かれて酷い目に合っている姿がちょっと可哀想。ファンは逆なんだろうけどね。
この作品も初っ端から全裸で変態外交官を撃ち殺すシーンから始まり、刑事の身分を隠して誘拐犯のアジトに潜入した時には柱に縛られてリンチされた挙句に輪姦されるハードなシーンが展開します。尤もその後は何をするでもなくただ捕まっているだけなので、主役なのに土壇場まであまり目立ちません。もしこの役が梶芽衣子さんだったら何もしなくても存在感で目立ちまくり、黙っていてもその鋭い眼力で語りまくり…だったでしょうが、残念ながら美樹ちゃんは地味な上にちょっとバカっぽい顔立ちなので最後まで何を考えているのかいないのかさっぱり分りません。しかも共演者が存在感ありまくりの面子揃いなので、尚更。
本当に狂っているんじゃないかと思せるギラギラした殺気をみなぎらせる誘拐犯リーダー役の郷鍈治、配役表見なければ誰なんだか分からないサングラスと髭面姿が印象的な荒木一郎。見る影もなくブヨブヨになった往年のセクシー女優三原葉子は、その割りに形崩れしていない乳房を誇示するかのように、浴槽で殺されているシーンでは顔と二つのおっぱいだけ血の海にぷっくり浮かべている姿が笑わせます。
方や、政治生命のためなら娘の命も見捨てる丹波哲郎、ゾンビのようになりながら職務遂行に執念を見せる刑事の室田日出男は権力の非情さと冷酷さを体現。犯罪者と警察権力の攻防がエスカレートし、これでもかこれでもかとえげつないバイオレンスを展開します。しかしその割りにストーリーは支離滅裂になっておらず、プロットに一本芯が通っているのでサスペンス映画としても鑑賞に耐えます。
0kanoonnna01.jpg
0kanoonnna02.jpg
0kanoonnna03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR