激動の昭和史 軍閥

gunbatuop.jpg
1970年/東宝/堀川弘通監督
出演/小林桂樹、加山雄三、山村聰、三船敏郎、中村伸郎、神山繁、中谷一郎、三橋達也、黒沢年男 ほか
物語。二二六事件を契機に軍部は政治関与を強め近衛文麿(神山繁)内閣を擁立、東條英機(小林桂樹)が陸相に就任する。やがてアメリカとの開戦を巡って近衛内閣は倒壊、次期内閣首班は東條に大命降下した。そして開戦。山本五十六(三船敏郎)連合艦隊司令長官指揮のもと真珠湾攻撃が遂行され、緒戦の間は戦果をあげるが、ミッドウェーの大敗を機に戦局は逆転しガダルカナルで悲惨な敗北。毎日新聞記者の新井(加山雄三)は国民に真実を伝えるべく奔走するが…。

昭和11年の二二六事件から敗戦に至る9年間を約2時間余りで描いています。が、はっきり言ってちょっと駆け足で、「軍閥」と言いながら事実上東條1人しか描けていません。
開戦までは割りと丁寧で、陸相として開戦に賛成だった東条が、首相としては平和を願う天皇(中村又五郎)の意を受けて板挟みになり苦悩する姿が描かれ、必ずしも悪役として描かれていません。外見が東條とはおよそ似ても似つかない小林桂樹を起用したのもそのあたり考慮したからか…と思ったら、あにはからんや開戦後になるともう行け行けドンドン。早期の講和を勧める部下の諫言にも耳を貸さずただひたすら戦争完遂に邁進し、日本を敗戦に追い込みます。結局終ってみれば東条だけが悪かったと言う見解の域をあまり出るものではありませんでした。
一本調子になりがちな物語を幾分ドラマチックにしているのは新聞記者を演じる「裏主役」の加山雄三で、大本営発表が国民に真実を伝えないことに抵抗。東條の逆鱗に触れ弾圧されます。尤も、これだけなら東条悪玉の裏返しに過ぎず、ただ新聞記者を善玉にして描くだけかと思ったら、最後に特攻隊員(黒沢年男)を登場させ、もともと東條を持ち上げて戦争を散々煽り立てた責任を棚に上げて正義漢面するマスコミを痛烈に批判。ここだけは非常に見応えがあったんですけど、逆に言うとそれまでがただ歴史の流れを追うだけだっただけに、取って付けたような感もなきにしもあらずで、戦史映画で深みのある作品を描くのはなかなか難しいです。
gunbatu01.jpg
gunbatu02.jpg
gunbatu03.jpg
gunbatu04.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR