西陣心中

nishijinshinjuop.jpg

1977年/ATG+たかばやしよういちプロ/高林陽一監督
出演/島村佳江、光田昌弘、土屋嘉男、楠侑子、成田三樹夫、山田吾一、大泉滉、三原葉子、中尾彬、名古屋章 ほか

物語。OLの野沢ゆみ(島村佳江)は上司から無理心中を迫られるが一人だけ助かる。とよ(三原葉子)にスカウトされデート嬢となっていたゆみは西陣に魅せられ吉田(土屋嘉男)の元で住み込みの織り手見習いとして働く。ゆみは職人の博之(光田昌弘)の手の美しさに惹かれ誘惑するが、吉田から取引先の御曹司との縁談を勧められる。だが縁談相手はゆみとのドライブ中に事故で重傷を負う。ゆみの過去を知る宮崎(成田三樹夫)は執拗に関係を迫るが拒まれた腹いせにゆみの素性を暴露する。店を追い出されたゆみは再びデートクラブで働き稼いだ金で博之の織った帯を手に入れようとするが…

主演の島村佳江さんは前も書きましたが80年代にサスペンスドラマで薄幸なヒロインや悪女役を中心に活躍し、当時私が好きだった女優さん。その唯一の主演映画とあれば佳江さんの姿がふんだんに見られるだけでも貴重ですが(ヌードもあるし^^;)、内容自体は芸術志向のATGだけに何が言いたいのかイマイチよく分らない映画です。
「本陣殺人事件」「金閣寺」に続く高林陽一監督の商業映画第3作で、「金閣寺」同様に美に憑かれ破滅する人間を描いていますが、原作物だった「金閣寺」がひとつひとつのプロセスを丁寧に描いているのに比べると粗雑なエピソードを無駄に並べただけの退屈な展開が目立ちます。
佳江さん演じるゆみは客観的に見れば近寄る男たちを次々不幸に陥れてしまう言わば魔性の女ですが、ゆみ本人はあまり人間に対する興味が薄いようだし恋人関係になる博之に対しても彼自身と言うより彼の織り出す西陣の美に対する執着でのみ繋がっているように伺えます。しかし肝心の西陣に固執する理由が全く見えてこないし、結末に至る急転回も非常に唐突で無理やりな感じ。監督自身の中に予めあった西陣への思い入れと「心中」を結びつけたラストシーンのイメージだけが先行し、物語全体がそれに追いついて行かなかったような印象を受けます。
佳江さんの射るような眼差しと低音の独特のエロキューションはやはり非常に魅力的で、確かにこんな女性に誘惑されたら魔性だろうとなんだろうと破滅してもいいと言う気分になるかもしれません。なのでこの映画は彼女の個性だけで持っている、と言いたいのですが、実際は周りを固める土屋嘉男、成田三樹夫、山田吾一、大泉滉、中尾彬と言ったあくの強い面々、ことに成田ミッキーの人間臭い小悪党然とした怪演の比重が大きいです。
nishijinshinju01.jpg
nishijinshinju02.jpg
nishijinshinju03.jpg
nishijinshinju09.jpg

スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 島村佳江 ATG
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR