松本清張の熱い空気

atuikukiop.jpg
制作/大映テレビ
放送局/テレビ朝日「土曜ワイド劇場」
放送日/1983年7月2日
脚本/柴英三郎
監督/富本壮吉

出演/市原悦子、吉行和子、柳生博、山口いづみ、高岡健二、鈴木光枝、中丸新将、野村昭子、石井富子、野中マリ子、西川ひかる、ほか

物語/「協栄家政婦紹介所」に所属する河野信子(市原悦子)は、派遣先の家庭の不幸を発見するのを愉しみとしていた。信子はテレビで人気のタレント大学教授・稲村達也(柳生博)の家に派遣される。主人の達也は仕事一筋の真面目人間、妻の春子(吉行和子)は良妻賢母、二人の息子は出来が良く、そして春子と姑(鈴木光枝)の関係も良好で一見非の打ち所がない家庭だった。だが信子は一家が上辺ほど立派ではないの見抜く…。

「土曜ワイド劇場」で25年間(全26作)続いた人気シリーズ「家政婦は見た!」の1作目。最初は松本清張原作の単発物でした。従って名前やキャラクターが少し違います。
市原悦子扮する身寄りのない中年家政婦(1作目は河野信子、シリーズ化後は石崎秋子)が、派遣された上流家庭の秘密を覗き見する、と言う設定は同じ。しかし1作目のキャラクターはかなり意地悪で、どちらかと言えば悪女に近いです。波風のない家庭に信子自身が殊更に波風を起こして一家を破滅に導く役割を演じます。なので内容は結構ブラックで後味も悪いです。
atuikuki01.jpg
稲村家の門前で舌なめずりする信子(市原悦子)。
atuikuki02.jpg
仲睦まじい達也(柳生博)と妻の春子(吉行和子)。理想的な家庭に見えたが…
atuikuki03.jpg
信子は何とか不幸を暴いてやろうと執念を燃やす。
野村昭子演じる家政婦紹介所の所長(2作目以後は会長)と飼い猫のはるみちゃんも1作目から登場しています。
atuikuki04.jpg
愛人から達也宛の手紙を発見した信子は、わざと目に付くところに置いて春子が読むように仕向ける。
atuikuki05.jpg
信子にそそのかされた春子は達也の弟子の大津(中丸新将)との浮気に走る。
atuikuki06.jpg
更に信子は子供をそそのかして姑(鈴木光枝)を火傷させ病院送りにする。
atuikuki07.jpg
学会と偽って愛人と熱海のホテルに泊まった達也だったが。
atuikuki08.jpg
思わぬことから達也の愛人は義妹の寿子(山口いづみ)だったことが発覚。
atuikuki09.jpg
一家を崩壊に追い込んで上機嫌の信子。しかし最後には因果応報的なオチも…。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 松本清張
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR