雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

一年半待て(松本清張シリーズ)

1nenhan01.jpg
制作・放送/NHK
放送日/1978年10月21日 「土曜ドラマ」
脚本/杉山義法
演出/高野喜世志

出演/香山美子、藤岡弘、南風洋子、早川保、山口奈美、穂積隆信、石田信之、穂高稔、ほか

物語/須村さと子(香山美子)は会社が倒産して失業した夫(早川保)に代って働きに出た。生命保険の外交員になったさと子は工事現場を回って成績をあげ高い収入を得るようになる。だが無気力になった夫は酒と博打と女に明け暮れてゆく。或る晩、酔った夫が子供に暴力を振ったことに耐えかねたさと子は夫を刺し殺してしまう。
自首したさと子に世間の同情が集まり、婦人問題の評論家として高名な高森たき子(南風洋子)もさと子の弁護に論陣を張った。その結果、裁判では執行猶予を得る。だが或る日、工事現場の技師だった岡島(藤岡弘)がたき子を訪ねて来て意外な話をする…。

夫に虐げられていた哀れな妻の仕組んだ巧妙な完全犯罪。
若い恋人と一緒になりたいさと子は夫を殺しても情状酌量される方法を考え、一年半かけて計画を実行すると言うお話。
最後にちょっと蛇足はあるが、それ以外は忠実な原作のドラマ化。
貞淑な妻と言う印象が後半でひっくり返る話だけに、さと子役はそのギャップを感じさせる女優さんでなければならないが、香山美子は適役。「いかにも」と言った感じの女性評論家を演じた南風洋子も好演。
1nenhan02.jpg
香山美子
1nenhan03.jpg
藤岡弘
1nenhan04.jpg
南風洋子
1nenhan05.jpg
早川保
1nenhan06.jpg
松本清張


関連タグ: 松本清張

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。