快傑ライオン丸 第3話

第3話「魔の森わくらんば」
lionmaru0301.jpg
獅子丸(潮哲也)、沙織(九条亜希子)、小助(梅地徳彦)の一行は山焼きで行く手を塞がれます。すかさず襲い掛かる怪しい浪人たち。
しかしその中の一人(成川哲夫)はなぜか獅子丸たちを助けます。
lionmaru0302.jpg
「蒲生城太郎」と言う、どっかで聞いたような名前のこの浪人はドクロの仮面の男に雇われていましたが、ネヴィラ71の指令がない、いや、「子供を斬れとは命じられていない」とあっさり裏切ってしまったのです。
lionmaru0303.jpg
獅子丸たちは生きては帰れないと言われる魔の森に自ら足を踏み入れます。待ち受けていたのはドクロ忍者と怪人わくらんば。
獅子丸はライオン丸に変身しようとしますが、何故か金砂地の太刀が抜けません。ライオン丸の変身にネヴィラ71の許可は要らないはずですが。
わくらんばの葉っぱ攻撃で窮地に陥った獅子丸を、駆けつけた城太郎が救います。
lionmaru0304.jpg
城太郎の制止を振り切って再び森へ行った獅子丸たちをドクロ忍者が取り囲みます。追って来た城太郎が加勢しますが、わくらんばが立ち塞がります。
lionmaru0305.jpg
獅子丸はライオン丸に変身。今度は忍法獅子変化が成功し、わくらんばと対決。
わくらんばを飛行斬りで倒します。
lionmaru0306.jpg
森のはずれで獅子丸たちと別れた城太郎。小助の「蒲生のおじさん、また会おうね」に対して「おじさんじゃない、スペクトルマンだ」とは勿論言わずに、笑顔で去って行きました。

前番組「スペクトルマン」で主役の蒲生譲二役だった成川哲夫さんがゲスト出演。それも蒲生城太郎と言う、蒲生譲二がタイムワープして来たとしか思えない名前です。
つい3週前まで放送していた人気番組の主人公が再登場したわけです。
しかも滅法強いのにどこか間の抜けているユーモラスで魅力的なキャラクター。「世の中で大事なものは金と命。一文にもならない事はしない主義」と言いながら獅子丸たちがピンチになると颯爽と現れて救い、完全に主役を食ってしまいました。獅子丸が生真面目キャラだけに尚更です。このまま準レギュラーと言うプランもあったようですが、それじゃあまりにも獅子丸の影が薄くなってしまうせいか、第5話に再登場しただけで消えていまいました。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 快傑ライオン丸 スペクトルマン

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR