大映ドラマに関する珍説

80年代に一世を風靡した大映ドラマと言えば感情表現が強烈で大げさな台詞が今でも語り草になっている。 これについて作家の小林信彦は時代劇の影響を挙げているらしく、その説がwikipediaにもまことしやかに引用されている。
「第二次世界大戦前には時代劇を売り物にしていた映画会社・大映が、第二次世界大戦の結果、GHQ占領下の日本では時代劇が禁止されたため、時代劇スターが現代劇を演じざるを得なくなった為、その大げさな芝居の時代劇の乗りによる現代劇に大映ドラマのルーツを求めている」(wikipedia「大映テレビ」より)
原文を読んでいないので真意は不明だが、本当にこの通りなら珍説だろう。時代劇禁止と言うが、大映は京都と東京に撮影所があり、京都で時代劇、東京では現代劇を専門に作っていてスタッフも俳優も別だった。従ってもともと東京で撮っていた現代劇には時代劇禁止の直接の影響がないのだ。そして大映テレビは映画時代から東京にあったのだから時代劇とは何の関係もないではないか。
百歩譲って大映ドラマが時代劇をルーツとする説が正しいとしよう。だとすれば大映映画の現代劇も時代劇の乗りの大げさな芝居だったはずだが、そのような印象は全くない。なのに何故戦前の時代劇が中間の大映映画をすっ飛ばして大映ドラマに隔世遺伝するのかさっぱりわからない。
むしろ時代劇の影響を受けたとすれば、大映ではなく東映のはずだ。何故なら小林の言う「現代劇を演じざるを得なくなった時代劇スター」とは、主に片岡千恵蔵を指す思われるからである。成程、時代劇を禁止された千恵蔵は戦後の大映で多羅尾伴内シリーズを初めとする時代劇調の現代劇を撮っていたことがある。だがそれらは全て京都撮影所の作品である。しかもまもなく時代劇が解禁され、大映京都で現代劇を作ることは殆どなくなった。
一方の千恵蔵は東映に移籍し多羅尾伴内シリーズを再開するが、今度は京都ではなく現代劇専門の東映東京撮影所で撮っていた。つまり時代劇乗りの現代劇が持ち込まれた本当の先は東映なのだ。千恵蔵はその後10年に渡って東西を往復しながら京都で時代劇、東京で現代劇を撮り続けている。なので「小林理論」を適用するなら、東映の現代劇にはさぞ大げさな時代劇調の芝居が受け継がれているのだろうが、東映には詳しくないのでわからない。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:ドラマ・映画 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR