川口浩と田宮二郎

川口浩が大映退社前に出演した最後の映画は「秦・始皇帝」(1962年11月)である。前年の「釈迦」に続く70ミリ大型映画第2弾として製作されたこの作品には、主演の勝新太郎を始め市川雷蔵、長谷川一夫、本郷功次郎、川崎敬三、倒産した新東宝から移籍した宇津井健ら大映オールスターが出演している。だが出演していないスターもいる。田宮二郎である。
川口と田宮は同じ年に大映入りし年齢もほぼ同じ(田宮が1つ上)。だがスターとして活躍した時期がずれているため同時代の映画俳優と言う印象が薄い。川口が華々しく主演デビューした1956年に田宮は大映第10期ニューフェイスとして入社。デビュー作は1957年8月公開の「九時間の恐怖」とされているが、実際に初めて名前(当時は本名の柴田吾郎)がクレジットされたのはその前の「満員電車」(1957年5月)であり、主演の川口浩とも初共演している。役柄は川口と同窓の大学生役、卒業式で川口に「どうした?無理すんなよ」と声をかける冒頭シーンだけの出演だった。
manindensya0101.jpg
その後も同期の叶順子や石井竜一がいち早く青春スターとして抜擢されていくのに対し、田宮にはなかなか芽の出ない日々続く。58年1月公開の「東京の瞳」(若尾文子主演)で川口と2度目の共演をしているが、6月公開の川口の主演作「巨人と玩具」ではクレジットにも載らないエキストラ扱い。だが芸名を田宮二郎に改めた59年から主演女優の相手役として起用されるようになり、1959年5月公開の「私が選んだ人」では実生活で川口と結婚する野添ひとみの結婚相手を演じている。 何故かこの作品が田宮の初主演作とされていることが多いのだが、ポスターもクレジットも野添に次ぐ二番手だしストーリー上から考えても準主演だろう。初めて田宮の名前がトップに来るのはその次の「代診日記」と言う作品である。とは言えこの作品はSP(ショートピクチャー)と呼ばれる60分余りの添え物映画であり、まだ二軍のスターの域を出ていない。一時は俳優を辞めようと思ったこともあったようだが、61年に勝新扮する主人公朝吉の弟分モートルの貞役を演じた「悪名」が大ヒットし、漸くスターとして認知される。翌62年には田宮の主演作4本に対し川口は1本と逆転。その年限りで川口は芸能界を去り、2人がスターとして並び立つことはなかった。
ちなみに川口は5年後に俳優業に復帰し大映にも1度だけ出演しているが、その時に田宮の姿はなかった。前年に社長の永田と喧嘩して大映を退社していたのだ。やがて田宮がテレビドラマに主軸を移した頃に川口は再び俳優から足を洗ってしまっている。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR