田宮二郎の時代劇

同じ大映にいながら全く接点がなかったのが田宮二郎と市川雷蔵だ。2人は1度も共演していない。雷蔵は京都で時代劇中心、田宮は東京が拠点の現代劇俳優だったせいもあるが、川崎敬三や川口浩は時代劇で雷蔵と共演しているのだから田宮にもできないことはない。一説では二人を共演させないのは社長の永田雅一の方針だったと言うが、大映オールスターが出演する大作映画にも田宮が出なかったため同じプログラムに名前が載ることすらなかった。
そもそも田宮には時代劇への出演歴そのものが殆どなく、生涯でたった3本だけ。時代劇全盛時代の俳優でこれほど時代劇と無縁だった人も珍しい。
その数少ない時代劇出演の最初は「お兄哥さんとお姐さん」(1961年)。「悪名」で名を挙げた直後に再び勝新太郎とのコンビで出演した作品である。とは言え田宮は物語の最初と最後に顔見世的な出演をしているだけだった。八州廻りの侍役だったがあまり様になっているとは言えず、これで時代劇に不向きと判断されたのか大映時代は二度とお呼びがかかることがなかった。
hissatsu0101.jpg
2本目は12年後、松竹の「必殺仕掛人」映画版(1973年)で針師の梅安役。役柄上、髷姿ではなく坊主頭(と言うよりスポーツ刈りっぽい頭)なのであまり時代劇と言うイメージがしない。松竹は映画版をシリーズ化するが、2作目から梅安役はテレビ版と同じ緒形拳に替わっている。
musashi7301.jpg
3本目にして最後の時代劇出演は引き続き松竹の「宮本武蔵」(1973年)で、高橋英樹演じる武蔵のライバル佐々木小次郎役。 長身なので「物干し竿」と言われる長剣を背負った立ち姿やニヒルな風貌はカッコいいのだが、台詞回しが現代劇口調なのでやはり時代劇向きではない感じがする。
ちなみに「木枯し紋次郎」の原作者笹沢佐保が紋次郎のモデルにしたのは田宮二郎だったが、テレビ化に際しては監督の市川崑の意向で中村敦夫に決まっている。もし田宮が演じていたらその後の運命も違っていたかもしれない。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR