大映俳優列伝(16)水木正子、津山由起子

akaiseifuku0221.jpg
末期の大映は十代の性を描いたハレンチ路線の映画に多数の新人若手俳優を投入したが、その代表格が渥美マリ、南美川洋子、八代順子、水木正子、津山由起子のいわゆる5人娘だったことは八代順子の時にも触れた。このうち渥美、南美川、八代の3人はプロフィール等がはっきりしているが、水木と津山に関しては情報が皆無に等しいためさっぱりわからないのが実情である。
取り敢えず2人の名前が初めてクレジットされたのは、津山由起子が1966年5月公開の「雁」、水木正子は5か月遅れて同年10月の「赤い天使」のようだ。「雁」は第18期ニューフェイスの篠田三郎のデビュー作とされ、同じく笠原玲子の初クレジット作でもある。なので水木と津山もたぶん彼らと同期ではないかと思う。「赤い天使」では水木、津山、笠原、篠田、そして西尋子(賀川ゆき絵)が同じような位置にクレジットされている。水木や津山がどこに出ているのか正確に確認できなかったが、野戦病院の話なのでおそらく看護婦役の一人だろう。
その後もしばらく脇役暮らしが続いたが、1968年2月公開の「あるセックス・ドクターの記録」に水木が準主役で起用される。船越英二扮する医師を主人公に性病の恐怖を啓蒙する意外と真面目な話だが、水木は身に覚えのない性病疑惑に苛まれる令嬢を演じ、津山も脇役で出ている。
やがてこの作品が契機となって始まったのが「ある女子高校医の記録シリーズ」である。その1作目「ある女子高校医の記録 妊娠」で水木が事実上の主役を演じるとともに、津山、南美川洋子、渥美マリ、八代順子が初めて揃い踏みして「5人娘」が誕生したのである。
5人娘による作品は翌1969年にかけて9本製作され水木は最初こそ主演格を張っていたものの次第に脇へ回ることが多くなる。一方の津山が主演グループに入ったのは69年5月の「ダンプ・ヒップ・バンプ くればれ野郎ども」ぐらいであとは八代とともにほぼ助演であった。
同年8月、渥美マリが「いそぎんちゃく」で単独の主演に抜擢されたことで5人娘は事実上の解体。それと前後して水木は大映を退社したようだ。大映最後の作品は「あゝ海軍」「与太郎戦記」の2本立てで、前者は峰岸隆之介(峰岸徹)の元恋人役、後者にはフランキー堺のあこがれる看護婦役で出演している。
翌70年には津山も退社し、芸能界そのものからも姿を消してしまう。大映最後の出演作は「女賭博師壷くらべ」(1970年2月)だったが、その後でTBS系のテレビドラマ「戦国艶物語」にも出演している。戦国女性が主人公の三部作の歴史もので、津山は第三部・千姫編に出演しているが具体的な役柄はわからない。何回目に出演したのかも不明だが、放送期間が1970年3月28日~5月16日なので映画より後であることは確かだ。
水木の方は70年に松竹や東宝の喜劇映画に出演したほか「ゴールドアイ」(日本テレビ)「キイハンター」(TBS)、71年は「仮面ライダー」(毎日放送)や「ターゲットメン」(NET)などのテレビドラマにゲスト出演している。だが年末の東宝映画「日本一のショック男」からしばらく出演が途絶えてしまう。
その後何をしていたのかわからないが、2年近く経った73年8月になって突然「仮面ライダーV3」第26話「怪人ヒーターゼミのミイラ作戦!!」にゲスト出演する。
役柄は怪人ヒーターゼミの人間体、つまり悪役である。大映の先輩俳優・千波丈太郎扮するドクトルGと2ショットでのシーンもあった。
続いて「キカイダー01」第21話(NET)と「刑事くん」第2シリーズ第30話(TBS)にも出ている。すべて東映制作なので同じ繋がりによる出演だったのだろう。 だがそれ以降の出演作は見当たらず、再び消えてしまったのである。
riderv32611.jpg

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR