大映俳優列伝(26)小林加奈枝

zatoichi1211.jpg
大映京都の古参大部屋女優だったのが小林加奈枝である。
1907年(明治40年)生まれ。幼少期は日活の監督だった叔父・小林吉弥の家に住んでいたことから尾上松之助の映画に子役として度々出演させられていた。その後、母が女優・酒井米子の家を管理するようになった縁で、酒井に口説かれて24年(大正15年)に大部屋女優として日活大将軍撮影所へ入社している。42年(昭和17年)の合併で大映京都撮影所所属となり倒産まで在籍しているが、その間、一貫して大部屋女優だった。
デビュー以来、本名の小林叶江を芸名にしていたが、52年から小林加奈枝に改名している(『日本映画人名事典』に54年とあるのは誤りである)
役柄は女中、婆や、茶店の婆さんが圧倒的に多い。しかしたいていの場合に台詞はあるし、妖しい巫女の役などで結構目立つ場面もある。むっつりしたような顔立ちが特徴的で、「悪名」(61年)で中村玉緒演じるお絹の母親役や「眠狂四郎悪女狩り」(69年)で中将流の婆さん役が印象深い。
大映倒産後も女優活動を続け大島渚監督の「愛のコリーダ」(76年)「愛の亡霊」(78年)などに出演。高林陽一監督作品の常連でもあり「本陣殺人事件」(75年)「金閣寺」(76年)「蔵の中」(81年)などに出演している。最後の出演は1983年12月30日放送のTV時代劇「年忘れ必殺スペシャル・仕事人アヘン戦争へ行く」(テレビ朝日)だったようである。
kuranonaka0111.jpg

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR