大映俳優列伝(31)三条江梨子(三条魔子)

kuro0352.jpg
邦画全盛時代には五社協定と専属制があったため他社から移籍して来る俳優は少なかった。スターであれば尚更である。だが例外もある。会社そのものが消滅した場合だ。
1961年(昭和36年)8月に新東宝が倒産すると所属の俳優たちは各社に分散した。このうち大映入りしたのが宇津井健、万里昌代、三条魔子、少し遅れて天知茂である。
天知の場合、大映とはフリーの立場で本数契約を結んだと言われることが多いが、「大映グラフ」1962年10月10日号では若山富三郎が城健三朗に改名して大映入りした際に天知とも専属契約したと伝えている。既にテレビにも進出していたので「映画出演は大映のみ」と言う意味での専属だったのかもしれない。
それはともかく、天知を除く3人は入社後すぐ人材不足の大映で主演級で起用されている。宇津井は現代劇のサスペンス物やメロドラマの主演、万里は時代劇のヒロイン、そして一番若い三条は青春映画のヒロインである。

三条魔子は59年にフランソワーズ・アルヌール主演のフランス映画「女猫」にちなんで募集された「ミス女猫」に当選したのをきっかけに、高校を中退して新東宝に入社した。デビューして最初の3作は、画面に登場しているのに名前を伏せる「シークレット・フェイス」と言うよくわからない企画で売り出されている。60年に「美男買います」で三条魔子として本格的にデビューするが、1年半余りで新東宝が倒産。61年10月に大映に移籍する。
「魔子」と言う芸名が示すように新東宝時代は小悪魔的魅力を売りにしていたが、大映では清純派に転向している。移籍第1作は61年12月「若い奴らの階段」で、本郷功次郎の恋人役で出演した。4作目の「江梨子」(62年)は橋幸夫の同名ヒット曲を題材にした悲恋物で橋が主演、三条はタイトルのヒロイン江梨子その人を演じた。出演時点ではまだ「三条魔子」だったが、映画にちなんで三条江梨子に改名した。橋とは「悲恋の若武者」「あした逢う人」(同)でも共演している。
歌手としてもデビューし、63年に浜田光夫とデュエットした「草笛を吹こうよ」がヒット。これは大映の橋幸夫&三条江梨子、日活の浜田光夫&吉永小百合の青春コンビ同士がそれぞれのパートナーを交換した形だ。橋と吉永のデュエット曲は勿論「いつでも夢を」である。
このヒットを受けて大映を退社し64年から本格的に歌手転向している。ここまでの約2年半で出演作は17本だったが、後半は作品に恵まれていたとは言い難い。歌手転向と言う形ではあれあっさり退社が認められたのとも無関係ではなさそうな気がする。
しかし歌手としてもあまりうまくいかなかったようで、「浪花っ子」「終着駅の女」などの曲名を見ると途中からは演歌っぽい曲やムード歌謡なども歌っていたようだ。
67年、芸名を三条魔子に戻すとともに映画にも復帰し、「女賭博師」シリーズや「眠狂四郎人肌蜘蛛」(1968年)などに出演。当時の大映の御多聞に漏れず、清純派から再転向してお色気要員になっている。
女優としての出演は68年8月の「関東女やくざ」が最後で、ウィキペディアには71年の大映倒産と同時に引退と書いてあるが、実際は各地のキャバレーで三条江梨子ショー等を行いながら70年代半ばまで歌手活動を続けていたようだ。その頃にハワイで日系三世と知り合って結婚し、その後ラスベガスに移住したとのことである。1943年生まれだから今年74歳になる。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR