大映俳優列伝(37)三田村元

edajima0512.jpg
野口啓二同様、「あゝシリーズ」の初期キャストの一人だったのが三田村元である。
1935年(昭和10年)生まれ。日大法学部出身。57年、芸能雑誌『平凡』が開催した「ミスター平凡」コンテストに優勝したことがきっかけで58年に大映東京撮影所入所。なので本郷功次郎や小林勝彦、野口啓二と同期である。
映画初出演は小林や野口も出ている「最高殊勲夫人」(59年)の端役で、村上文二と言う芸名であった。次の「海軍兵学校物語 あゝ江田島」で本格的なデビューを果たし、脇役ながら11号生徒・佐田伍長役を熱演して強烈な印象を残す。なお映画データベース上は村上文二のままになっているが、実際のクレジットでは既に三田村元で表記されている。
続いて神風特攻隊員の青春を描いた「あゝ特別攻撃隊」(60年)では本郷、野口に次ぐ準主演に抜擢され、一躍若手スターの一角に躍り出る。この年は「嫌い嫌い嫌い」「暁の翼」「勝利と敗北」「男は騙される」「熱い砂」などにいずれも主演か準主演で出演。本郷が会社の方針で時代劇と現代劇を掛け持ちさせられていたこともあって、若手現代劇男優では川口浩に次ぐ存在だったと言ってよいかもしれない。
しかし本郷が東京に腰を据えて現代劇に専念するようになると、入れ替わるかのように61年から三田村が京都の時代劇へ移籍する。ここでも最初のうちは「風と雲と砦」で勝新太郎に次ぐ準主役、「寄切り若様」では主演していたが伸び悩み、やがて徐々に役の比重が下って行く。本郷が超大作「釈迦」で主演に抜擢されたことで市川雷蔵、勝新太郎に次ぐ地位を確立したのとは対照的だった。
大映最後の出演作はその本郷が主演の「視界ゼロの脱出」(63年)で脇役であった。本郷との差がどこにあったのかよくわからないが、元大映宣伝部の中島賢氏の見方によれば、芝居がもう一つだったことと、この世界で生き残って行く貪欲さが少しばかり欠けていたのでは、と言うことである。
大映退社後はTV「鉄道公安36号」(NET)等に脇役で出演していたほか、「インスピレーションクイズ」(NET)という番組の司会を担当した事もあったという。その後日活に入社し「女の警察 乱れ蝶」(70年)などのヤクザ映画に出演。最後は旧名の村上文二や三田村玄の名で「さすらいの情事」「花弁のしずく」(72年)などのロマンポルノにも出演していたが、73年「特別機動捜査隊」(NET)へのゲスト出演を最後に芸能界を去っている。

大映映画の世界
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR