雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

大映俳優列伝(45)星ひかる

ukikusa0611.jpg
昭和のガメラシリーズ全てを手がけた監督は湯浅憲明である。だが唯一「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」(1966年)だけは特撮監督専任に回り、本編の監督は田中重雄が務めている。その「ガメラ対バルゴン」であわじ丸船長を演じた星ひかるは湯浅の実の父親であると言う。
まるでアイドルか宝塚歌劇のような名前だが本名は湯沢明(旧姓・内藤)である。息子と姓が違う理由はわからない。ちなみに星も「透明人間現わる」(49年)でのみ何故か湯浅豪啓の名で出演している。
母親は初期の帝劇の女優で「朱と緑」(37年、松竹)などに映画出演歴もある東日出子。つまり母が「日出」、息子が「星」と言うわけで、何だか駄洒落のような名前なのである。
1924年(大正13年)、松竹蒲田撮影所へ入社し、25年「恋の選手」に星光名義でデビュー。喜劇俳優として活躍する。30年(昭和5年)、星ひかるに改名。31年「公認駈落商売」で主演したのちに退社し、河合映画社に入社。田中重雄の監督第1作「たぬきと精神病患者」などに主演した。「裏町天国」では監督・原作・脚本・主演の4役を務めている。
32年、日活太秦撮影所へ入社。34年、日活多摩川に移り、35年以降は脇役に回る。42年、統合によって大映に所属。
戦後は松竹、東横映画などに出演したのち、51年から大映東京撮影所専属となる。以後「馬喰一代」(51年)「幻の馬」(56年)「巨人と玩具」(58年)「浮草」(59年)など120本以上出演した。71年の倒産まで在籍していたようだが、出演は69年の「女賭博師さいころ化粧」が最後で、それ以降の活動記録はない。
なお息子の湯浅憲明は1957年に入社し助監督を経て64年に監督へ昇進しているが、親子ではやりにくかったのか、湯浅の監督作品には出演していない。

大映映画の世界

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。