大映俳優列伝(48)寺島雄作

zatoichi1055.jpg
俳優専属制時代の映画会社は言わば大きな芝居一座のようなものだろう。毎度ほぼ同じ顔ぶれで役を回しているのである。その中でもおのずと「はまり役」がある。大映時代劇で言えば原聖四郎は高級武士、北城寿太郎は用心棒、伊達三郎はやくざの代貸、沖時男は駕籠かき…といった具合だ。
今回の寺島雄作のはまり役と言えば屋台の親爺である。実際は他の役柄の方が多いのだが、個人的にはいつも屋台のうどん屋かおでん屋だったような印象が強いのである。
1904年(明治37年)生まれ。中央大学専門部に在学中、学生演劇に親しむうちに俳優を志し大学を中退。戦前は新劇から軽演劇をまたにかけて活動した。映画には柳家金語楼主演の喜劇「金語楼の親爺三重奏」(39年)「金語楼の噫無情」(40年)「金語楼のお医者さん」(41年、東宝)などに端役で出演しているが、本格的な映画界入りは戦後になってからなので意外と遅い。
47年(昭和22年)に松竹と契約し「地獄の顔」等へ出演の後、49年に大映京都と契約を結ぶ。大映初出演作は「白髪鬼」で、嵐寛寿郎演じる白髪鬼の手先のせむし男と言う怪奇的な役柄だった。 51年には宝塚映画とも契約するなど他社出演も多かったが57年頃から大映専属となり倒産まで在籍した。
大映での出演作は160本前後を数え、先に述べた屋台の親爺をはじめ時代劇の町人役が多い。現代劇では刑事役も演じ、三島由紀夫の小説「金閣寺」を市川崑監督が映画化した「炎上」(58年)では市川雷蔵演じる主人公を護送する刑事役である。
大映倒産後はテレビ時代劇「銭形平次」(フジ)や必殺シリーズ(毎日放送)などにゲスト出演し、「金閣寺」二度目の映画化である高林陽一監督の「金閣寺」(76年)では主人公の父親役を演じた。78年8月2日放送の「銭形平次」第633回を最後に出演記録は見当たらない。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR