大映俳優列伝(53)仁木多鶴子


大映はプロ野球チームを所有していた。最初は大映スターズだったが、1957年(昭和32年)開幕前に高橋ユニオンズと合併して大映ユニオンズ、更に同年11月には毎日オリオンズと合併して大毎オリオンズとなり、オーナーは引き続き大映の永田雅一が務めていた。当時毎日側の選手だった須藤豊(後に大洋監督)によれば、帝国ホテルで行われた大毎の結団式には永田が山本富士子や市川雷蔵ら「スクリーンでしか見たことがない」映画スターを引き連れて現れ、選手たちを驚かせた。オフの日には調布の大映撮影所に行って女優さんとおしゃべりするのが楽しみだったと言う。言わば映画俳優とプロ野球選手が系列会社の社員同士だったわけだ。その大毎オリオンズの選手と"社内結婚"したのが、仁木多鶴子である。
39年生まれ。父親はジャズトロンボーン奏者で、その影響か国立音楽大付属中学、同高校を経て国立音楽大ピアノ科に進む。化粧品のPR雑誌に写真が載ったことをきっかけに中退し、57年に大映第11期ニューフェイスとして入社。同期には藤巻潤や丸井太郎がいた。東京撮影所所長だった永田秀雅(雅一の息子)によれば、新人の頃から撮影所内では若尾文子に似ていると評判だったらしい。
同年12月、本名の鶴田和子で「十七才の断崖」に出演しデビュー。58年、仁木悦子の江戸川乱歩賞受賞ミステリー原作の「猫は知っていた」に主演し、原作者に因んで仁木多鶴子に改名している。
59年にはメロドラマの「たそがれの東京タワー」に主演するが、なまじ若尾文子に似ていることが個性を削いでしまったのか、この路線ではスターになれなかったようである。
次に出演したのが野球映画「一刀斎は背番号6」である。五味康佑の原作はジャイアンツが舞台だが映画ではオリオンズに変更され、当時の主力である田宮謙二郎、山内和弘、榎本喜八、荒巻淳、小野正一らオリオンズの選手たちに加え、西鉄ライオンズの稲尾和久らも出演している。仁木多鶴子がオリオンズの選手と共演するシーンはないが、撮影中に顔を合わせる機会はあったのだろう。後の伴侶である小野正一との出会いはこの映画がきっかけとされている。
小野正一と言っても今では殆ど誰も知らないだろうが、当時の大毎のエースで、通算184勝、通算2244奪三振を記録した左腕投手である。
余談だが58年のオープン戦では当時のゴールデンルーキー長嶋茂雄にホームランを打たれているのだが、新聞に「同じ左腕の小野を打ち込んだからには、開幕で対戦する国鉄の金田正一を打ち込んだも同然」などと書かれ、それを読んだ金やんが「同じ"正一"だからって一緒にすんな!」といきり立ったと言う逸話がある。「一刀斎は背番号6」の劇中でも、菅原謙二演じる一刀斎の打撃練習に登板しホームランを打たれる役割である。
話を仁木多鶴子に戻すと、60年には市川雷蔵主演の「濡れ髪喧嘩旅」で妖艶な女間諜に扮し、以後は弓恵子、宮川和子とのトリオで「お嬢さん三度笠」「東海道ちゃっきり娘」「銀座のどら猫」などの明朗映画に主演した。一方、小野もこのシーズンに最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠を獲得する活躍でオリオンズに合併後初のリーグ優勝をもたらした。その年の暮れに2人は結婚したのである。
その後も女優を続けたが徐々に出演が減り、68年の「セックス・チェック 第二の性」を最後にスクリーンを去り、引退した。
83年、44歳の若さで他界した。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR