大映俳優列伝(57)高野通子

nidoumareru0112.jpg
大映は時代劇、文芸物、サスペンス物、特撮物まで網羅するジャンルの幅広い会社だったが、一方で全くダメだったのが喜劇である。そして喜劇ほどではないが、青春映画もあまり得意なジャンルではないだろう。倉石功によれば、「青春物に重きを置いていなかった永田雅一社長の鶴の一声」で中止になってしまった作品もあると言う。そのため大映から青春スターは生まれ難かったようである。
劇団若草から大映入りした高野通子も青春映画でヒロインを演じたもののぱっとしないまま消えてしまった。
若草在籍中の57年(昭和32年)5月に日活映画「倖せは俺等のねがい」で映画初出演。俳優・宇野重吉の第三回監督作品で、フランキー堺と左幸子の新婚夫婦の許に親のいない4兄弟が転がり込んでくる話である。その4兄弟に若草の子役が扮し、高野通子は長女を演じた。
大映には同年の「地上」で舞妓役、「十七才の断崖」に叶順子の妹役で出演。59年2月の松竹映画「吹雪と共に消えゆきぬ」を経て3月の「情炎」以降は大映専属となる。ただ61年頃までは出演クレジットに「劇団・若草」のカッコ書きがついていることがあるので、いつ正式に大映入りしたのかは不明である。
60年、田中絹代監督の「流転の王妃」では"天城山心中"の愛新覚羅慧生(劇中では英生)を演じているが、何故か各種映画データベースには名前が載っていない。
61年に歌謡曲をモチーフにした「北上夜曲 北上川の初恋」で六本木真とともに初主演する。次いで「命みじかし恋せよ乙女」にも六本木真とのコンビで主演。未見だが、あらすじを読む限りどちらも古色蒼然とした悲恋物だったようである。
同年暮れに公開された「新 源氏物語」では紫の上役に抜擢されている。「源氏物語」は51年にも長谷川一夫の光源氏で映画化されているが、今度は市川雷蔵主演で再映画化したものだ。尤も今回は川口松太郎の現代語訳が原作だが、10年前に紫の上を演じたのは乙羽信子だったのだから、スター候補生としてそれなりに期待されていたのだろう。
その後も「若い奴らの階段」(61年)「すてきな16才」「かっこいい若者たち」(62年)「若い樹々」(63年)などの青春映画に出演している。だが、姿美千子や高田美和の台頭で脇役に回ることが多くなっている。「高校三年生」(63年)では黒縁メガネの地味な三枚目役だった。
映画出演はそれが最後で、以後はテレビに転じ「太閤記」(NHK)「特別機動捜査隊」(NET)「銭形平次」(フジテレビ)「大奥」(フジテレビ)などにゲスト出演している。71年以降は出演記録がない。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR