ザ・ハングマン 燃える事件簿 第4話「辱められたキャンパス」

1980年12月5日放送。松竹芸能、テレビ朝日
hangman0401.jpg
聖文大学教授の夏木(織本順吉)は教え子の川原ゆみ(三浦リカ)から強姦罪で訴えられる。夏木は、誘ったのは彼女の方で合意の上だったとして冤罪を主張するが、マスコミから一方的に叩かれ、大学の理事会では辞職を迫られる。
hangman0402.jpg
ゴッド(山村聰)の指令で真相究明に乗り出したハングマン(林隆三、黒沢年男、植木等、あべ静江、加瀬慎一、ディオン・ラム)。ブラック(林隆三)は、ゆみの弁護士の鶴田(戸浦六宏)が夏木の同僚教授の二階堂(田口計)と密会している現場を目撃。二階堂は夏木と次期学部長の椅子を巡ってライバル関係にあった。
hangman0403.jpg
更に交通事故の後遺症を患っているゆみの母親が二階堂の世話で入院し手術を受けることがわかる。強姦事件は夏木を陥れるために仕組まれた罠だったのだ。
ちなみにこのロケ地は杉並区の浴風会。以前書いたように田宮版「白い巨塔」の浪速大学病院や「不良少女とよばれて」の相模愛育女子学園でもお馴染みです。http://garakutakan.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
hangman0404.jpg
だが口封じのために夏木とゆみは心中に見せかけられて殺されてしまう。
ハングマンは、更に裏があると見て真相を探る。その結果、鶴田と二階堂、理事の海野(高桐真)が入試問題を漏えいしている事実を夏木に知られていたことが判明。
hangman0405.jpg
ハングマンは問題用紙をすり替えて鶴田たちの仲間割れを誘い、その様子をテレビで中継して悪事を天下に晒した。

1980年代に計7作放送された人気テレビシリーズの第1作。「殺しなき現代版の『必殺』」と言うコンセプトで制作され、毎回様々な方法で悪党たちを自白に追い込んで社会的制裁を加えるのが見所でした。
その第4話「辱められたキャンパス」は、学内の陰謀に巻き込まれた大学教授が美人局で強姦の冤罪を着せられるお話。おそらく現実に起きた春木教授事件がヒントになっていると思われます。教授の名前が春木→夏木なのも明らかにもじり。
ちなみに春木事件がモデルのドラマには月曜ワイド劇場「ザ・スキャンダル 女子大生と老教授 謎の4日間」(1983年3月21日放送、テレビ朝日)もあります。その際に教授役を演じたのは三国連太郎さん、そして女子大生役は故意か偶然か、今回と同じ三浦リカさんでした。今回のリカさんは胸元までしか映りませんでしたが、「ザ・スキャンダル」では豊満な胸を露わにしています。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: ハングマン

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR